体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第93回ピースボートが出港!最初の寄港地、中国でフリーハグに挑戦してみた

第93回ピースボートが出港!最初の寄港地、中国でフリーハグに挑戦してみた

約3ヶ月で世界一周する、ピースボートの船旅。TABIPPO×ピースボートの船上プログラム、TRAVELERS BOATの2期生が、93回ピースボートの船に乗り込み世界一周の旅がスタートした。

さっそくTRAVELERS BOATメンバーのひとり、小林茉優さんから早速旅の様子が上ってきたので、ご紹介しよう。

 

上海の街角で、フリーハグをしてみた

IMG_0483

みなさんは「フリーハグ」を知っているだろうか?街に立って、通りすがりの人とハグをすることだ。

1

わたしと船で出会った4人の仲間は、ピースボート第93回クルーズの最初の寄港地である上海で、3時間ぐらいかけて、フリーハグをしてみた。

4697

結果、100人以上の人とハグをすることができた。そして思った。中国の人は、シャイで、優しくて、温かい。そのことを、からだ全身で感じられた。

6532 6514 0957

 

そもそも、なんでフリーハグ?

私は、大学で教職課程と国際協力を勉強していることもあり、いつかは平和な世界をつくれるのか、何をすればそんな世界が来るのか、漠然と考えてきました。あるとき、「そもそも平和ってなに?」という疑問にたどりつきました。

ただの概念でしかないし、人それぞれ心の中で平和の定義も違う。人々の中で定義が違うものを作っていくことなんてできるのかな?そんなとき、YouTubeでフリーハグの動画を見て、日本人が韓国や中国でやっているものもあれば、韓国人や中国人が日本でやっているものもあった。

 

動画には冷たい目で見ている人、存在していないかのように素通りする人、馬鹿にしたように笑う人も写っていた。でもそれは全員じゃない。必ず誰かには気持ちが届いて、応えてくれる人がいる。「国」どうしでは問題を抱えていても、「人」どうしはハグしあってお互いに笑顔になっていた。

温かい気持ちになって見ていた私は、気付いたら涙が止まらなくなっていた。自分にできる平和構築ってなんだろうって悩んでいたけど、フリーハグの行動ひとつで、ちっちゃな平和が生めると思った。

 

フリーハグは誰にでもできる。ただ少し勇気がいるだけ。だったらやるしかないと思って、ずっとやりたかった。ピースボートに乗る前に書いていた、「死ぬまでにしたい100のことリスト」にも書き込んでいた。

 

3時間のフリーハグで、泣きそうになった瞬間

9151

一人でするつもりでピースボートに乗船したら、船の上で出会ったTARVELLERS BOATの仲間が一緒にやりたいと言ってくれて、5人ですることに。しかも、浴衣なら注目してもらえるかも、というアイデアが出て、私たちは浴衣で行くことにした。

当日は朝から雨。しかもめちゃさむい。正直、浴衣で行くのをひるんだ。でも、100人以上もハグできたのは、浴衣のおかげだったかもしれない。

09113

私たちの周りには写真をとる中国人が集まってきてくれて、こちらからハグしようってジェスチャーをするとだいたいの人がハグをしてくれた。

6789 6860

もともとイメージしていたフリーハグは、一人でスケッチブックを掲げながらハグしてくれる人を「待つ」スタイルだった。だけど私たちは、浴衣を着て観光地を練り歩いた。

DSC09158
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。