ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

第93回ピースボートが出港!最初の寄港地、中国でフリーハグに挑戦してみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
第93回ピースボートが出港!最初の寄港地、中国でフリーハグに挑戦してみた

約3ヶ月で世界一周する、ピースボートの船旅。TABIPPO×ピースボートの船上プログラム、TRAVELERS BOATの2期生が、93回ピースボートの船に乗り込み世界一周の旅がスタートした。

さっそくTRAVELERS BOATメンバーのひとり、小林茉優さんから早速旅の様子が上ってきたので、ご紹介しよう。

 

上海の街角で、フリーハグをしてみた

IMG_0483

みなさんは「フリーハグ」を知っているだろうか?街に立って、通りすがりの人とハグをすることだ。

1

わたしと船で出会った4人の仲間は、ピースボート第93回クルーズの最初の寄港地である上海で、3時間ぐらいかけて、フリーハグをしてみた。

4697

結果、100人以上の人とハグをすることができた。そして思った。中国の人は、シャイで、優しくて、温かい。そのことを、からだ全身で感じられた。

6532 6514 0957

 

そもそも、なんでフリーハグ?

私は、大学で教職課程と国際協力を勉強していることもあり、いつかは平和な世界をつくれるのか、何をすればそんな世界が来るのか、漠然と考えてきました。あるとき、「そもそも平和ってなに?」という疑問にたどりつきました。

ただの概念でしかないし、人それぞれ心の中で平和の定義も違う。人々の中で定義が違うものを作っていくことなんてできるのかな?そんなとき、YouTubeでフリーハグの動画を見て、日本人が韓国や中国でやっているものもあれば、韓国人や中国人が日本でやっているものもあった。

 

動画には冷たい目で見ている人、存在していないかのように素通りする人、馬鹿にしたように笑う人も写っていた。でもそれは全員じゃない。必ず誰かには気持ちが届いて、応えてくれる人がいる。「国」どうしでは問題を抱えていても、「人」どうしはハグしあってお互いに笑顔になっていた。

温かい気持ちになって見ていた私は、気付いたら涙が止まらなくなっていた。自分にできる平和構築ってなんだろうって悩んでいたけど、フリーハグの行動ひとつで、ちっちゃな平和が生めると思った。

 

フリーハグは誰にでもできる。ただ少し勇気がいるだけ。だったらやるしかないと思って、ずっとやりたかった。ピースボートに乗る前に書いていた、「死ぬまでにしたい100のことリスト」にも書き込んでいた。

 

3時間のフリーハグで、泣きそうになった瞬間

9151

一人でするつもりでピースボートに乗船したら、船の上で出会ったTARVELLERS BOATの仲間が一緒にやりたいと言ってくれて、5人ですることに。しかも、浴衣なら注目してもらえるかも、というアイデアが出て、私たちは浴衣で行くことにした。

当日は朝から雨。しかもめちゃさむい。正直、浴衣で行くのをひるんだ。でも、100人以上もハグできたのは、浴衣のおかげだったかもしれない。

09113

私たちの周りには写真をとる中国人が集まってきてくれて、こちらからハグしようってジェスチャーをするとだいたいの人がハグをしてくれた。

6789 6860

もともとイメージしていたフリーハグは、一人でスケッチブックを掲げながらハグしてくれる人を「待つ」スタイルだった。だけど私たちは、浴衣を着て観光地を練り歩いた。

DSC09158

雨が強いときはショッピングモールの中でもやった。街中の通行人だけでなく、お店で働いている人ともフリーハグをした。一番異例だったのが、自分たちから「フリーハグしよう」と歩み寄って、ほんとにハグしちゃうところ。

6824

時には照れてにこにこしているけど恥ずかしがってるおじちゃんを女子三人で取り囲み、こっちからハグしたり。きっとこんな日本人は、今までに見たことないだろうと思う。自分から歩み寄るからこそ初めてわかる相手の感情・考え方・気持ちがあるってことに気づけた。

0963 0965

中にはカタコトの日本語で「ニッポン、チュウゴク、トモダチ」って話しかけてきてくれた警備員のおっちゃんもいた。それを聞いて心の底から湧き上がるものがあって、涙が出そうになった。「ありがとう」って何回も言った。

1876

他にも本当にたくさんの人がハグしてくれて笑顔を見せてくれて、ハグしている私たちを見て、微笑んでる通りすがりの人もいた。連絡先を教えてほしいって声をかけてきてくれた女の子もいた。

1002

フリーハグをしながら「この空間、めっちゃ平和じゃん」ってすごく思った。言葉が通じなくたってこんなにも繋がれる。肌が触れ合うコミュニケーションだからこそ生命体レベルで喜びを感じられる。「幸せでしかないな」って思った。

 

一緒にした仲間にも感想を聞いてみた

7767

ゆうてん

フリーハグの存在は知っていたけど、する意味は分からなかった。ただの上海観光より面白そうと思ってやることに決めた。行きのタクシーの中は不安でドキドキ。でも、いざやってみたら単純に楽しかった。今まで、海外に行くのは好きだったけど、英語が話せないから現地の人と交流できなかった。

話したくても話せない自分がいた。でも、フリーハグなら言葉がいらない。体と体が触れ合うコミュニケーション。生まれて初めての経験だった。自分にとってのフリーハグは海外に対する新しい挑戦であり、人間ひとりひとりの温かさに触れられるもの。フリーハグは、こちらが示した意思を受け入れるか、相手に自由がある。

 

強制力がないからこそハグしてくれると認められたと思えてうれしい。人と人が繋がったこと、相手の笑顔が見られること、それが大きな喜びだった。中国人と日本人は、お互いあまりいいイメージを持っていないと思う。でも、僕が出会った中国人は、日本人以上にシャイで優しかった。中国をもっと知りたいと思った。

そして、両方の国をフラットな目で見られる自分でありたいと思った。

6616

さっさん

浴衣を着て「日本人です」ってアピールしていても、ハグしてくれるのがすごくうれしくて楽しくて、驚きと喜びでいっぱいだった。今まで、自分の中で中国人と日本人の違いはぶ厚い壁だった。日本人としてあって当たり前な壁で「そういうもん」と思い、超えようともしてなかったけど、その壁が壊れた。

人種なんて関係ないと思った。テレビには「反日」を叫ぶ集団ばかり映り、なんなんだろうと思った。メディアのあり方を考えさせられた。

じーちゃん

一人では踏み出しにくいことだった。日本でも、前回ピースボートに乗ったときもやりたかったけど、「自分が言い出しっぺになってやろう」ってところまでいけてなかったところに、まゆちゃんが提案してくれて、それなら一緒にやりたいって勇気出してやった行動だった。

現場でも、一人ではできなかっただろうけどみんなでどんどん話しかけているうちに自分からもハグしたいって思えるようになった。一人ではできないことに勇気を出して踏み出すことができ、ハードルを超えて成長できた気がした。

ていさん

普段だったらフリーハグなんて絶対にしないキャラなのに、海外だからできたのか、仲間がいたからできたのか、わからない。する前は、迷惑で邪魔なことなんじゃないか、とか、勝手に世間の考えを気にしていた。だけど、文句言う人は誰もいなかったし、仲間や中国の人たちの笑顔も見られて、気持ちがよかった。

先入観で中国人は嫌な人たちの集まりなのかなって思ってたけど、ほんとはすごく優しくていい人達なのかなって思えた。

9067

 

ほんとにやってよかった。またやりたい。

last

フリーハグをしてみて、人種とか国籍とかの前にみんな「人間」、同じ地球に生きる「仲間」そう感じた。今も世界のどこかには争いがあって、人間どうしがぶつかりあって、憎しみが生まれてる。だからこそ、せめて自分の目の前の世界だけは、自分の目の前の人とだけは、温かい気持ちで繋がっていたい。

だからこれから残りの約3か月間、もっと広い世界を知って、出会ったことのない人たちと出会うとき、私はフリーハグで得られたこの温かい気持ちをもって出会う人を大切にしようと思った。せっかく日本という恵まれた国に生まれたのだから、こんなふうに人と人が繋がることを世界中でやっていきたい。

 

94回ピースボート乗船者、絶賛募集中!

tb

TRAVELERS BOATとは、2016年8月に出発した92回ピースボートの航海からスタートした、TABIPPOとピースボートが企画する、新しい船上プログラムです。2017年の4月に出発する94回ピースボートにて、TRAVELERS BOATプログラムに参加される方を今回募集しております!

プログラムの主な内容は以下の2つです。

①SNSでの情報発信やライターの経験を!

1つ目は船上の様子や寄港地でのツアー、体験を、TwitterやInstagram、そしてTABIPPOの運営する旅メディアなどで発信して頂くライターとしての活動です。

このライター活動でピースボートのPRを行ってもらうため、本来のピースボートの乗船価格よりもTRAVELERS BOATは格安で申込み頂くことが可能になっています。SNSでの発信やブログ記事作成の経験が無くても、TABIPPOメンバーがイチから詳しくやり方やコツを伝授しますのでご安心ください。

②下船後の生活や仕事、人生について考えるプログラム

2つ目は「人生を変える船旅にするプログラム」です。大学を休学する方、仕事を退職し転職活動前に乗船する人など様々かと思います。今後の人生や仕事の選択について講師がサポートし、大きなキッカケとなるようなプログラムを用意しております。

具体的には「人生でやりたい100のリスト」をプログラム参加者で作成、ブラッシュアップし、下船後や今後の人生でやりたいことを整理し、アクションを明確化するようなプログラムです。様々なジャンルのプロフェッショナルがTRAVELERS BOATのサポート講師として乗船し、プログラム参加者の今後の人生をよいものにするためサポート致します!

 

第94回のピースボート航海

94boat

◉寄港地 2017年4月12日(水)〜2017年7月25日(水)

日本→シンガポール→タイ→スリランカ→ギリシャ→サルディーニャ島→スペイン→・ポルトガル→フランス→デンマーク→ラトビア→ロシア→フィンランド→エストニラ→スウェーデン→ノルウェー→アイスランド→バミューダ諸島→ベネズエラ→パナマ→ニカラグア→エルサルバドル→ハワイ→日本

map_large

◉金額

18歳〜29歳:700,000円
スクリーンショット 2016-06-10 15.21.08
setsumeikai
スクリーンショット 2016-09-13 13.21.05

 

ピースボートに関する記事まとめ

3ヶ月の船旅世界一周が70万円!TABIPPO特別プログラムで旅するメンバーを募集中!
日本人ならピースボートクルーズに乗るべき8つの理由
「ピースボートの船内は古いって本当?」実際に乗った人の感想をまとめてみた
ピースボート乗船者8人に聞いた!地球一周のルートと期間は?
地球一周累計269回のピースボートスタッフ60人が選んだ「もう一度行きたい国」ランキング
船で世界一周「TRAVELERS BOAT」レポート!毎日ワクワクしながら過ごしています

関連記事リンク(外部サイト)

「ピースボートの船内って退屈?」気になる船内事情を探ってみた
ピースボート乗船者8人に聞いた!地球一周のルートと期間は?
釜山に行くならクルーズがおすすめ!時間もお金も有効活用できる
「地球一周の船旅」にタダで行く方法とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。