ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パスピエ、ホールツアーの感想がツッコミどころ満載!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

パスピエ、ホールツアーの感想がツッコミどころ満載!
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(火曜日ナビゲーター:パスピエ)。12月27日(火)のオンエアでは、年内最後の火曜日ということで、パスピエの全員が出演しました。

22日にホールツアーを終えたばかりのパスピエ。「終わってから言えることもある」ということで、そのツアーの内容について振り返ってくれました。

まず、キーボードの成田は、バンド名の由来となったドビュッシーの「パスピエ」を演奏したそうなのですが、クラシックコンサートとは勝手が違い、緊張したとのこと。「ピアノ曲だから、(本来)座って弾くものを立って弾くわけよ。弾いてみると『立って弾く曲じゃないんだな』って思った」(成田)と語り、ピンスポットライトが当たるステージにも緊張したそうです。

続いて、メンバーそれぞれにとっての「個人的なハイライト」に話題が及びました。三澤(Gt.)とやお(Dr.)は共通して「開花前線」だそう。思い入れがあり、「うまくやれるようになったな」と感じて気分が上がっていたとのこと。

露崎(Ba.)は「つくり囃子」でソロ演奏を披露したのですが、大阪公演のそのブロックで肘をぶつけてしまったそう。「それがファニーボーン(ぶつけると腕や手がしびれる肘の部分のこと)で、『ド頭からしびれてるわ』と笑いそうになったけど、それを見せずに頑張ったと思います」と振り返っていました。

最後に聞かれた大胡田(Vo.)は「歌関係ないんだけど…」と衝撃の話し出し。オープニングで自身が描いた女の子の絵が、レーザーで描かれていくのが音と合っていて「嬉しいなあ」と思っていたそう。しかし、「それ、大胡田関係ないとこでしょ」と成田につっこまれていました(笑)。そして自身のハイライトを考えたところ、「裏の裏」や「YES/NO」などお客さんも一緒に歌ってくれる曲が良かったそうです。

まとめとして成田は、「オープニングを『ハイパーリアリスト』で飾れたのが良かったなと。ワンマンで、その年にリリースしたシングルを1曲目に、ってなかなか無かったりするからさ。新しい気持ちでホールツアーをスタートさせるんだってところは見せられたかなと思ってて」と感慨深げに語りつつ、「いい景色を見させてもらったと思います」と感謝を伝えていました。

次回のワンマンツアーも決定しているそうなので、2017年もパスピエの活動に注目しましょう!

そのほかにも、レギュラーコーナー「こんなパスピエは嫌だ!」が2本立てで行われ、大胡田と04 Limited SasabysのGENとの「ボーカル対談」の様子もオンエアされました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時−27時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。