ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Daydream Viewは5.5インチを超えるディスプレイには非対応の模様

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google 純正 VR ヘッドセット「Daydream View」の実用的なスマートフォンのディスプレイサイズが 5.5 インチまでだと分かりました。Daydream View はスマートフォンを収納してスマートフォンのディスプレイに表示されたコンテンツを見てバーチャルリアリティを楽しむデバイスです。現時点では、Pixel / Pixel XL、Moto Z シリーズで利用が、スペック的に対応するだろうと見られてた Nexus 6P では利用できません。実際に Daydream View を使ってみると、5.5 インチを超えるディスプレイサイズの端末ではスマートフォン上の VR コンテンツが Daydream View の表示枠からはみ出ることが分かりました。次は Daydream 対応の 5.5 インチ端末「Moto Z」の使用例で、VR モードのメガネ枠が Daydream View のレンズ内に収まっていることが分かります。一方、Daydream 非対応の 5.7 インチ端末「Nexus 6P」は、一枚目の写真をご覧の通り、Daydream View 本体から表示領域がはみ出ています。これが Nexus 6P が Daydream / Daydream View をサポートしていない大きな理由だと思われます。5.5 インチを超えるディスプレイをサポートした Daydream VR ヘッドセットが今後発売されるのかどうかは、情報が出てきていないので分かりません。少なくとも現時点では、5.5 インチを超える場合は、どの端末でも Daydream View をフルに利用することはできません。

■関連記事
サンコー、自動車のドリンクホルダー部分を活用したタブレットホルダー「タブレットが固定できる車載ドリンクホルダーマウント」を発売
Huawei P9シリーズの販売台数が1,000万台を突破
ASUS、国内版「ZenFone 2(ZE551ML)」をAndroid 6.0からAndroid 5.0にダウングレードするツールを公開、問題発生を受けて

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。