体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンチヒーローを演じたベン・アフレック&監督ギャビン・オコナーにインタビュー!映画『ザ・コンサルタント』

アンチヒーローを演じたベン・アフレック&監督ギャビン・オコナーにインタビュー!映画『ザ・コンサルタント』

俳優業だけでなく監督業もこなすハリウッドスター、ベン・アフレックが『バットマン vs スーパーマン』の次に選んだアンチ・ヒーロー、それはいくつもの顔を持つ謎の男”クリスチャン・ウルフ”だ。表の顔は田舎町のしがない会計士、しかし裏の顔は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋。イーサン・ハント、ジェームズ・ボンド、ジェイソン・ボーンと、名だたる男たちに並ぶ新ヒーローとなった”クリスチャン・ウルフ”を作り上げたのは、『ウォーリアー』『プライド&グローリー』といった作品で演出と映像表現に定評のあるギャビン・オコナー監督。主演のベン・アフレッックと監督のギャビン・オコナーに話を訊いた。

–多くの監督がベン・アフレックさんと仕事をしたがっていますが、ギャビンさんがベン・アフレックさんを起用した理由は? 彼の魅力は何だと思いますか?

ベン・アフレック: それは簡単な質問だね。

ギャビン・オコナー: (笑) それなら彼が僕のために答えてくれるかな? 僕は、役者として、そして監督として彼の大ファンだったんだ。僕は彼のスケジュールが空いていると思わなかったんだよ。正直に言って、僕はベンのことを考えなかった。なぜなら、彼は『バットマン』の後、映画を監督すると聞いていたからだよ。でも、彼のエージェントが電話をしてきて、「スケジュールが空いている期間があって、彼が本作を好きかもしれない。どう思う?」と言ってきたんだ。

それで僕は、「いやあ、もしベンが気に入ってくれれば、素晴らしいよ」と答えたよ。その時、僕はまだ誰にも当っていなかった。ちょうど脚本のオプションを取ったところだったんだ。幸運なことに、ベンは今作に反応してくれて、電話で話したら、僕らが語りたいストーリーが一致していると感じた。ベンはこの映画の中の重心なんだ。もし監督と役者が、映画がどういうことを意図しているかについて同じ考え方をしていないと、問題が起きることになる。僕らは2人とも、同じストーリーを語りたがっていることに気づいたんだ。

–ベンさんは、多くのオファーが来る中でなぜ本作を選んだんですか?惹かれた理由を教えてください。

ベン・アフレック: まず、監督から始まるんだ。ギャビンの作品自体が(彼がいかに素晴らしい監督かを)語っているよ。そういうことから、僕は彼と仕事をすることにとても興味を持っていた。そして、一旦僕らが座って話をしたら、彼が今言ったように、僕らには共通するところがあり、映画の解釈の仕方がとてもよく似ているということが分かった。僕はとても興奮したよ。そしてこのジャンルの中で、まったく違うことが出来る機会だと思ったんだ。ユニークで、オリジナルで知的なことをね。とてもワクワク期待させられたよ。

–今作は、スーパーヒーロー映画のように感じられましたが、多くのスーパーヒーローものより、より人間的なところがありましたね。

ベン・アフレック: 僕が知っているのは、ギャビンと僕は、中心となるキャラクターに根ざしていない映画には興味がないということだけだよ。キャラクターに基づいたドラマの葛藤がない映画には興味がないということだ。だから、僕らは、この男、彼の人生、彼の内的人生、彼の心、彼が何をするか、彼がどのようにこれらのチャレンジに直面するか、という視点ですべてのことにアプローチしたんだ。

今では、特にインターナショナルにうまくいかせるために、大きな特撮がある。でも最終的には、キャラクターたちとコネクト出来るかどうかにかかっていると思う。『フレンチ・コネクション』は、素晴らしいチェースシーンがある。でも、本当にすごいのはジーン・ハックマンだ。ハンドルをバンバン叩いてね。観客はまさに彼とその場にいるように感じるんだ。

ギャビン・オコナー: そしてあの映画はいつも、、、『フレンチ・コネクション』で、彼のキャラクターについては何もわからない。文字通り、ストーリーは常に前に進んでいくんだ。そうだろう?

ベン・アフレック: そうだよ。そして、ストーリーを押し進めるのは、本当にキャラクターなんだ。

――監督は本作を制作するにあたり、参考にした映画や映画のキャラクターはありますか? 何かインスピレーションとなるようなものはありましたか?

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会