ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

意外と日本と似た天気!?マドリードの気候・おすすめの服装と観光スポット情報まとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

意外と日本と似た天気!?マドリードの気候・おすすめの服装と観光スポット情報まとめ

Photo credit:Rikiya Ogawa「行きたい観光地が盛りだくさん!スペインの首都「マドリード」の歴史をたどる!」

こんにちは。Compathy Magazineライターのやっちです。
スペインの首都・マドリードは、名前を聞いたことがある人も多いヨーロッパ屈指の大都市。サッカーや観光スポットなどの見どころがあり、多くの旅行者が訪れる人気の観光地として知られています。
そんなマドリードを訪れる際に木になるのが天気について……。今回は、マドリードの季節ごとの気候と適切な服装、またおすすめの観光スポットについて紹介します。現地の天気を把握して、マドリード旅行を楽しむための準備を行ないましょう。

関連記事:
「スペイン・マドリード観光ならここ!おすすめ観光スポット14選」
「バルセロナの気候と天気はこれでバッチリ!気温や服装も解説」

スペイン・マドリードの基本情報と天気について

情熱の国とも称されるスペイン。その首都であるマドリードはなんだか暑そうだなというイメージを持たれがちですが、経度は日本の青森県と同程度、実際の気温は東京と大きく変わりません。年間を通して雨が降ることは少なく、空気は乾燥しています。
マドリードは大陸性気候帯に属しており、夏はとにかく暑く、冬はとにかく寒いと、季節による気温差があることが特徴。また夏になると強い日差しが降り注ぐので、日差し対策を考慮しておきたいですね。

今日・明日の天気は?マドリードの10日間天気予報・気温・降水確率

晴

今日

12/28

0%

High 14°
/
Low -1°

晴

明日

12/29

10%

High 13°
/
Low -2°

晴

金曜

12/30

0%

High 13°
/
Low -3°

晴

土曜

12/31

10%

High 10°
/
Low -3°

晴

日曜

01/01

10%

High 8°
/
Low -2°

雨の可能性

月曜

01/02

50%

High 8°
/
Low 2°

雨の可能性

雪

火曜

01/03

50%

High 8°
/
Low -1°

晴

水曜

01/04

10%

High 9°
/
Low -2°

晴

木曜

01/05

10%

High 9°
/
Low -2°

所により曇

金曜

01/06

10%

High 9°
/
Low -1°

所により曇

Wunderground.com

マドリードの過去の年間天気:月ごとの平均気温と降水量一覧

月別(2015年)平均最高気温(℃)平均最低気温(℃)月降水量(mm)
1月10.81.617
2月10.73.322
3月17.16.537
4月20.39.847
5月27.213.40
6月31.218.245
7月36.622.94
8月32.219.03
9月26.215.29
10月20.011.661
11月16.67.731
12月13.66.04

参照:気象庁2015年データ

マドリードの季節別の気候とおすすめの服装


 

Photo credit:Tomás Fano (Flickr) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

マドリードの春:4月・5月・6月の気候とおすすめの服装

マドリードの春は、街の緑が息吹く季節。4月になると最高気温が20℃を超える日も多くなり、5月・6月になると暑さを感じる日が続きます。ただし暑い日中とは対照的に朝晩は10℃近くまで冷え込むこともあるので、長袖シャツにジャケットなどの羽織りものを用意しておくと安心です。

マドリードの夏:7月・8月・9月の気候とおすすめの服装

マドリードの夏はとにかく暑いです! しかし日本とは異なり空気が乾燥しているので、ジメッとした暑さではないと言えるでしょう。7月と8月は平均して最高気温が25℃以上で、30℃を超えることも珍しくはありません。なので半袖シャツや短パンなど涼しいラフな服装がおすすめです。
ただ注意しておきたいのが、スペインの日差しの強さ。肌の出しすぎは良くないので、帽子を被ったり、薄手のものを1枚羽織るなどの対策は必要です。8月後半から9月になると暑さが和らいできます。

マドリードの秋:10月・11月の気候とおすすめの服装

マドリードは秋になるとどんどん涼しくなっていくので、春と同様に過ごしやすくなり、旅行のベストシーズンと言えます。ただし10月・11月になると降雨量が増えますので、雨具を用意しておくと重宝するでしょう。
この季節は昼と朝晩の寒暖差が激しいのが特徴で、とくに11月に入ると10℃を下回る日が多くあります。街歩きなどで外出する際は、パーカーやカーディガン、コートで温度を調節できるようにしたいですね。

マドリードの冬:12月・1月・2月・3月の気候とおすすめの服装

12月に入ると、マドリードの本格的な冬の寒さがスタートします。最高気温も10℃前後までしか上がらず、朝晩の最低気温が氷点下になる日もあります。また1月・2月には降雪が観測されることもあるので、歩きやすい靴やブーツに、厚手のジャケットを用意するなどしっかりとした防寒対策を行ないたいですね。
一方で晴れた日中は日差しが強いことも多く、意外と過ごしやすい陽気を感じる日もあります。そのためコートやジャケットの下には暑い時には脱げる薄手のセーターなどを着ておくのがおすすめです。

ちなみにスペインの冬は観光のオフシーズンと言われており、ホテルの宿泊料金などが少し安くなっていることもあります。予算を抑えてマドリード旅行を楽しみたい方は、この時期に訪れてみるのも選択肢の1つと言えるでしょう。

スペインのおへそ!マドリードのおすすめ観光スポット5選


1. プラド美術館

Photo credit:pixabay

スペインは多くの美術家や、画家を輩出していることでも有名な国。「プラド美術館」は、マドリードにある人気の美術館の1つで、歴代のスペイン王家のコレクションを多く展示しています。
また世界的にも有名な”フランシスコ・デ・ゴヤ”の作品があることでも知られており、旅行者も多く。作品や史料の収容数は2万点以上、展示数は1000を超えており、みどころが満載の美術館です。

関連記事:「世界三大美術館に行こう!元海外添乗員がおしえるおすすめのポイント」

プラド美術館(Museo Nacional del Prado)
住所:Paseo del Prado, s/n, 28014 Madrid, スペイン
電話番号:0913302800
営業時間:10:00~20:00(月~土)、10:00~19:00(日・祝)
定休日:1月1日、5月1日、12月25日
公式サイト:プラド美術館

 

2. マヨール広場

Photo credit:Rikiya Ogawa「行きたい観光地が盛りだくさん!スペインの首都「マドリード」の歴史をたどる!」

始まりをさかのぼると500年も前になる、歴史のあるスポット「マヨール広場」。マドリードのセントロ区に位置しており、129m×94mの長方形の形が特徴の広場です。
広場は周囲を3階建ての建物に囲まれており、壮大な景色を堪能することができます。ここは過去にスペイン商業の中心地として栄えていた場所で、市場が開かれていました。現在でも毎週日曜日やクリスマスにはマーケットが開かれ、活気あふれる雰囲気を感じることができますよ。

マヨール広場(Plaza Mayor)
住所:Plaza Mayor, 28012 Madrid, スペイン

 

3. プエルタ・デル・ソル広場

Photo credit:Rikiya Ogawa「行きたい観光地が盛りだくさん!スペインの首都「マドリード」の歴史をたどる!」

プエルタ・デル・ソル広場」は、マドリードの中心部セントロに位置する広場。スペインの国道の起点となっている場所で、大晦日のカウントダウンのテレビ中継や、反暴力・反戦のデモの決起集会も行われるなど、スペインの象徴的な存在として親しまれてきました。
周辺の通りや商業地域を結びつける役割も果たしており、広場近くにもショッピング通りが連なっています。マドリードを訪れる際は、こちらで買い物を楽しむのも良いですね。

プエルタ・デル・ソル広場(Puerta del Sol)
住所:Plaza de la Puerta del Sol, s/n, 28013 Madrid, スペイン

 

4. マドリード王宮

Photo credit:Takuya Miura「ヨーロッパ一人旅-1カ国目 スペイン-」

マドリード王宮」は、ダウンタウン西部・バイレン通りにある王宮。現在も君主制が続くスペインでは元首として国王が存在しており、こちらの王宮は主に行事や式典で使用ています。
荘厳な外観が特徴の王宮は内装の一部も公開されており、豪華絢爛な多くの部屋は全てを回ることは容易ではないとも言われているのだとか。また夜になるとライトアップも行われ、昼間とは異なる雰囲気を楽しむことができますよ。なお入館には10ユーロが必要になるので注意してください。

マドリード王宮(Palacio Real de Madrid)
住所:Calle de Bailén, s/n, 28071 Madrid, スペイン
電話番号:0914548800
営業時間:10:00~20:00(4月~9月)、10:00~18:00(10月~3月の土曜)、10:00~16:00(10月~3月の日曜)
定休日:なし
公式サイト:マドリード宮殿

 

5. 国立ソフィア王妃芸術センター

Photo credit:Emi Takaki「スペイン前編 1/2 スペインはオシャレがいっぱい!マドリード市内観光と二大美術館を巡る」

国立ソフィア王妃芸術センター」は、プラド美術館から徒歩圏内にある有名な美術館。20世紀の近現代の美術作品が多く展示されており、パブロ・ピカソの『ゲルニカ』などの作品を鑑賞することができます。
その『ゲルニカ』を目的に訪れる人も多く、平日夜間(19:00~)と日曜午後(13:30~)には入館料が無料になるサービスも! ただし無料の時間帯は人も多いので、入館料の8ユーロを払ってゆっくりと広い館内を回るという選択肢も悪くないと思いますよ。

国立ソフィア王妃芸術センター(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía)
住所:Calle de Santa Isabel, 52, 28012 Madrid, スペイン
電話番号:0917741000
営業時間:10:00~21:00、10:00~14:30(日曜)、10:00~23:00(7月1日~9月10日の金・土曜)
定休日:火曜日
公式サイト:国立ソフィア王妃芸術センター

おわりに

マドリードは季節によって天気や気候が異なるので、適切な服装を心がけたいところ。日本と季節の変わり方が同じで、気温も東京とあまり変わらないということを考えると、日本から訪れる人はそこまで気にはならないかもしれませんね。ただし夏の日差しが強い日や冬の寒さが厳しい時期もあるので、油断は禁物ですよ。

マドリードには美術館や王宮など、天気を気にせずに楽しめる室内の観光スポットもたくさんあります。マドリードを訪れる際は、天気に応じて服装やスポットを上手に選んで、マドリード観光を存分に楽しみましょう。

関連記事:
「スペイン・マドリード観光ならここ!おすすめ観光スポット14選」
「バルセロナの気候と天気はこれでバッチリ!気温や服装も解説」

ライター:やっち
Photo by:Rikiya Ogawa「行きたい観光地が盛りだくさん!スペインの首都「マドリード」の歴史をたどる!」

意外と日本と似た天気!?マドリードの気候・おすすめの服装と観光スポット情報まとめ

Compathyでマドリードの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、マドリードを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

マドリードの関連旅行記ブログ

*Akiko Odaさん「ガウディ建築巡りから市場の食べ歩きも♪夫婦でバルセロナ&マドリード街歩き」

*Misaki Tachibanaさん「マドリードの夕暮れで、シエスタ」

*Rikiya Ogawaさん「行きたい観光地が盛りだくさん!スペインの首都「マドリード」の歴史をたどる!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。