体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

噂は本当だった……! 隠れ家すぎるラーメン店「(名前、看板はございません)」【京都】

f:id:mesitsu_la:20161124212658j:plain

隠れ家&穴場好きのみなさま、こんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

ありとあらゆる情報が交錯する現在、「隠れ家や穴場を知りたい」という気持ちは、誰にでもあると思います。それでいて「ちゃんと美味しいところ」が望ましい。

そんなあなたに、なんとか探していただきたいラーメン店があります。

その名は……

……。はい、店名がないのです。

便宜上「(名前、看板はございません)」という店名が付けられておりますが、あくまで( )付きです。「店名は、ない」と思っていただいて結構かと。

最初に行ったときは完全にミッシングになることでしょう。ナビ通り行けば、木屋町らへんにたどり着くんですけどね!

店名も看板もない

f:id:mesitsu_la:20161124194407j:plain

京都市営地下鉄東西線「京都市役所前駅」から徒歩3分。木屋町通りと姉小路通りの角です。

f:id:mesitsu_la:20161124194408j:plain

木屋町にある姉小路橋を西に渡ります。

f:id:mesitsu_la:20161124194409j:plain

はいっ、到着しました。でも、どこにもラーメン店らしきたたずまいのお店は見あたりませんね。

f:id:mesitsu_la:20161124194412j:plain

正解はこちら〜。えっ、どこ? ってまだ思うでしょ?

f:id:mesitsu_la:20161124194414j:plain

ここですよ、ここ! 看板ものぼりものれんもメニュー表もありません。

隠れ家すぎやろ!

ビルの階段を降りて、お店の入り口に到着です。ランプが灯っていれば開店中の合図です。

わたくし最初に訪れた時、「場所はここで合っているのか」っておそるおそる扉を開けたもんです。誰かに教えてもらえなければ、まず分からない場所です。

f:id:mesitsu_la:20161124194410j:plain

ビルを見ても、看板はナシ。お店はB1Fですが、テナント名が無表記です。

壁メニューナシ、卓上にも何もナシ、ないないづくしのお店

f:id:mesitsu_la:20161124194441j:plain

思い切って扉を開けたら、コンクリの道と庭。ここ、地下なんですけど……。

f:id:mesitsu_la:20161124194434j:plain

もう一度言いますが、初めて訪れた時はやっぱりここがラーメン店とは思えませんでした。奥に行って「あのー、ここってラーメン店でしたっけ……」って聞きましたもん。

f:id:mesitsu_la:20161124194443j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。