体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちょっと贅沢なバスタイム♪ あんず油を使用したインバストリートメントをご紹介!

寒い冬はお風呂が恋しい季節。暑い季節に比べると、シャワーで済ませるのではなく、しっかりお風呂につかってカラダを温めている方も多いのではないだろうか。今回紹介するのは、そんな日常のバスタイムをちょっと特別な時間にしてくれるヘアオイル『あんず油』。この季節にピッタリなインバスでの使用もオススメとのことで、その使い方をご紹介する。

 

ほんのり甘い香り、サラリとしたヘアオイル『あんず油』

ヘアオイルと言うと、やや重ためテクスチャだったり、香りが気になったりと使いづらい印象を持っている人も少なくない。そんな中『あんず油』はべたつき感のないオイルと心地よい香りで、艶やかな美しい髪になれると評判だ。100%植物由来のオイルは、髪の傷みを防ぎ、ドライヤーなどの熱から守ってくれるので指通りなめらかな髪質に。オイルでありながらサラリとしたテクスチャで髪に馴染みやすく、また、あんずということでほのかに甘い香りが使いやすい。

使い方としては、洗髪後やスタイリングの際にアウトバストリートメントとして馴染ませるのが一般的。意外と知られていないのが、パッケージにも書いてあるお風呂の中で使うインバストリートメント。集中してじっくりとケアできるのでダメージヘアもしっとり艶のある髪になれる。

 

お風呂の中でしっかり集中ケア!インバストリートメントとしての使い方

まずはヘアパックとしての使い方。

シャンプー前にお湯で湿らせた髪にやや多めのあんず油を馴染ませ、蒸しタオルやラップなどで10分程度置き、シャンプーでしっかりと洗い流す。

パサついていた髪がしっとりとまとまるようになり、とにかく指通りなめらか。これはヘアカラーなどを繰り返した傷んだ髪にもおススメ。髪に潤いが足りない人にもぜひ試してもらいたい使い方。ヘアサロンでケアしなくても、それに近いしっとりとした美髪を目指す事が出来る。

 

また、もうひとつはオイルでマッサージをするヘッドスパとしての使い方。シャンプー前の乾いた頭皮全体にオイルを馴染ませて、3分間指の腹で円を描くようにやさしくマッサージ、その後シャンプーで洗い流す。オイルでマッサージと言っても、あんず油はとてもサラリとしたオイル。頭皮がべたつく感覚はなく、洗い上がりしっとりとして気持ち良い。毛穴の汚れを落とし、美髪へと導いてくれる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会