体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【批評】炎上している産経新聞の新アプリ「産経プラス」はなぜ炎上したのか / 探ると見えてくる真実

sankei-plus2

こんにちは、こちら、炎上を客観的に判断していく記事です。まずは事の顛末をお伝えしましょう。産経新聞(産経デジタル)は、iPhone3Gの時代からスマホアプリを提供してきました。2008年からということになります。このアプリの最大の魅力は、紙として販売されている産経新聞をスマホでそのまま読める点です。紙面をスキャンしたものが読めると考えればわかりやすいでしょう。

・スマホだと無料で読めた産経新聞
さらに凄いのが、本来ならばお金を出して買わなくてはならない紙の産経新聞を、スマホだと無料で読めたという点です。一般人が漫画や雑誌をスキャンしてネットに掲載し、問題視されて事件化したことが過去にありましたが、産経新聞はみずから自分の媒体をスキャンして、インターネットで配信していたわけです。重ねて言いますが無料です。

app3

・紙を買わなくなる人は確実にいた
当然といえば当然ですが「無料なら新聞買わずにスマホで読んじゃえ」という人は多数いたようで、産経新聞はアプリユーザーを増やしていきました。読者は喜び、産経新聞もアプリユーザーが増えて嬉しい。紙を買わなくなる人は確実にいたでしょうが、それも含めてのアプリ事業だったと考えるのが妥当でしょう。

・「違う産経新聞アプリ」にリニューアル
ここからが「炎上」の本題です。産経新聞はそのアプリを終了させることにしました。正しくいえば、アプリのアップデートにより「今までとは違う産経新聞アプリ」にリニューアルしたのです。名称も「産経プラス」に変更。それにより、スマホで無料で読めていた紙の産経新聞が読めなくなりました。紙の産経新聞をスマホで読みたい人は、新たに配信された有料アプリ「産経電子版」で読むしかありません。

app

・紙の新聞読めなくなり読者が大激怒
これに対して、いままでスマホで紙の産経新聞を読んでいた読者の一部が大激怒。iPhoneでアプリストアを見てみると、レビュー欄が激しく荒れているのがわかります。いくつかレビュアーの声を引用してご紹介したいと思います。

・レビュアーたちの声(否定編)
「いらなくなりました」
「ここまで酷いアプデはなかなか無いわ」
「これなら産経じゃなくても足ります。残念です」
「いままでとは似ても似つかないアプリ」
「別れの時がきたようです」
「紙面が読めたので良かったのに。これならいらない」
「3GS時代からインストールしてましたが別れの時が来たようです」
「ひなちゃん、さようなら」

app8

・怒りの理由は「ほぼひとつ」
アプリを否定するレビューが無数にあるのが現状です。その怒りの理由のほとんどが「紙の産経新聞が無料で読めなくなった」というもの。そこに魅力を感じてアプリを使用していたユーザーが多くいたことがわかります。

・方向転換に理解を示した読者は多数
とはいえ、産経新聞も企業である以上、わざわざ改悪しようとは思わないでしょう。大きな方向転換により読者のプラスとなる内容を充実し、それに理解を示してくれると考えてのリニューアルでしょう。紙の産経新聞が読めなくなることに対する批判が出る事は、そもそも想定内だったと推測します。それでもリニューアルしたということは、よほど強い決断が必要だったと推測します。

そんな産経新聞の方向転換に理解を示した読者も多くおり、新たに開始された「産経プラス」のサービス内容を受け入れ、アプリをもっと良くするための提案をしているレビュアーもいました。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。