ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Chara、「Junior Sweet」を中心としたプレミアムライブが本日WOWOWで放送

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Chara、「Junior Sweet」を中心としたプレミアムライブが本日WOWOWで放送

Charaが1997年に発表し、ミリオンセラーを記録した「Junior Sweet」が、19年の歳月を経て、今年9月に周年記念リマスター盤「Junior Sweet -25th Anniversary Edition-」としてリリース。今作を引っ提げ行われたツアー「“Junior Sweet”Intimate interlude tour」から、19年前のリリースツアーの東京公演と同じ会場・赤坂BLITZでのファイナル公演の模様をWOWOWで12月28日に放送する。

バンドメンバー達が配置についた後、ボリュームたっぷりのファンキーなヘアスタイルで、ギターを提げ登場したChara。「私はかわいい人といわれたい」で幕開けを飾り、その特徴的な唯一無二のウィスパーヴォイスを存分に発揮すれば、アルバムのタイトル曲「Junior Sweet」ではパワフルな高音を響かせ、Charaの歌声が持つ両極の魅力を序盤から堪能させてくれた。

ツアータイトルにある“Intimate”は“親密な”を意味することから、「Charaと昔付き合ったことあるしっていう気持ちで来た?」と観客を和ませる場面も挟みながら、「タイムマシーン」「花の夢」を終え、「歌って、人生だなって」と呟いた。そして、ミラーボールが煌めき観客とシンガロングした「ミルク」、Charaのアカペラから始まった「しましまのバンビ」、満場の手がステージへと向けられた「やさしい気持ち」と、「Junior Sweet」収録の数々の代表曲が繰り広げられていった。

また、愛娘が誕生した時に作った曲であり、Charaがキーボードで弾き語りした「Tiny Tiny Tiny」など、他のアルバムからも楽曲を披露。1991年発表の1stアルバム「Sweet」収録曲「Break These Chain」をもって、本編を終えたのだった。

アンコールでは「Junior Sweet」のラストを飾る楽曲であり、Charaが初めて作った子守唄だという「せつないもの」、再び観客とのコール&レスポンスを楽しんだ「世界 JUWEL ver.」を披露し、この特別な一夜は幕を閉じた。

Charaにとって、幼い頃に歌の伴奏を弾いたことが、“音楽は人と人を繋ぐんだな”と思った最初の出来事だったという。そして今も、彼女は音楽で私たちを繋いでくれている。

Text by 金多賀歩美
Photo by HAJIME KAMIIISAKA

番組情報
「Chara “Junior Sweet” Intimate interlude tour」
12月28日(水)21:00〜放送[WOWOWライブ]
収録日:2016年11月3日
収録場所:東京 赤坂BLITZ
番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/chara/

「Chara 25周年記念 6時間スペシャル」
YEN TOWN BAND・Lily Chou-Chou Project ~円都空間 in 犬島~
produced by Takeshi Kobayashi
12月28日(水)22:30〜放送[WOWOWライブ]

「スワロウテイル」
12月28日(水)深夜0:30〜放送[字][WOWOWライブ]

関連リンク

Chara オフィシャルサイトhttp://charaweb.net/
Chara Instagramhttps://www.instagram.com/chara_official_/
Chara twitter@Chara_xxx_
Chara 25周年特設サイトhttp://charaweb.net/25th/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。