ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【動画】リドリー・スコット監督の映画『エイリアン:コヴェナント』、トレーラーが初公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
alien-covenant

リドリー・スコット監督のトレードマークとなっているモンスター映画『エイリアン』シリーズの最新作となる映画『エイリアン:コヴェナント』のファースト・トレーラーが米20世紀FOXにより公開された。男の体から謎の生物が飛び出るシーンや、カップルがシャワー室で抱き合っている中、床をするすると這いつくばるエイリアンの姿が映し出された。

同トレーラーは、米FOXが12月24日(現地時間)に公開し、映画『エイリアン』シリーズのファンたちにとって待望のクリスマスプレゼントとなった。『エイリアン:コヴェナント』はシリーズ6作目となる。

マイケル・ファスベンダー、ノオミ・ラパス、ガイ・ピアースが、映画『プロメテウス』で演じた役を再演し、キャサリン・ウォーターストン、デミアン・ビチル、ビリー・クラダップ、ジェームス・フランコ、ダニー・マクブライドが新たに出演する。

スコット監督が、ジャック・パグレン、マイケル・グリーン、ジョン・ローガンによる脚本をもとに監督を務める。最新作は、銀河系のはるか彼方の惑星に向かう宇宙船コヴェナントを舞台とするストーリーだ。クルーたちは、未知の楽園を発見したと信じていたが、そこは暗黒の恐ろしい世界だったことが判明する。白い服に身をまとった、この惑星に住む唯一のアンドロイドのデヴィッド(ファスベンダー)は、絶望的な運命をたどったプロメテウス号から生還していた。

『エイリアン:コヴェナント』は、2017年に5月19日に米劇場公開となる。米FOXは、当初2017年8月に公開を予定していたが、数ヶ月前に3ヶ月前倒しで公開することを決定した。

映画『プロメテウス』は、21世紀の終わりが舞台で、1979年に公開されたスコット監督の映画『エイリアン』の30年前という設定だ。同作は、全世界で4億330ドルの興行総収入を記録した。宇宙船プロメテウス号に乗り込んだ科学者たちが、人類を一掃できるほどの武器を持つ高度な文明の形跡を発見するストーリーだ。

シガーニー・ウィーヴァーが主演を務めたオリジナル版映画『エイリアン』は、1986年、1992年、1997年に続編が製作された。

最新作のトレーラーはこちら。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。