ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

最も危険な楽器「ショットガン・ギター」が物騒過ぎる!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
最も危険な楽器「ショットガン・ギター」が物騒過ぎる!

これまでもシャベルや電子レンジなど、様々な物にネックを付けギター化する動画が人気を集めてきたが、その中でも最も危険な楽器、その名も「ショットガン・ギター」が公開された。

https://youtu.be/1QHxWNl3TDI

ジェイム・ペイトンというブルーズマンがユーチューブ上に投稿したのは、銃に弦を数本括りつけた見た目からして物騒な弦楽器。カスタムメイドの専用ピックアップを取り付けてあるので、エレクトリック・ギターと同じ要領で演奏することができ、スライド・ギターのようにボトルネック奏法でプレイできる上に、なんとこのギター、撃つこともできるのだ。

このペイトンというギタリスト。過去にも18種類の楽器を一曲ではしごする映像でも話題になったミュージシャンで、その時にも長い斧の柄に3弦くくりつけた手作り楽器や、ハムのカンにネックをつけたギターでブルースプレイをするなど、とりあえず楽器であればなんでも弾きこなすアドリブ力は証明済み。

「The Reverend Peyton」というバンド名義でリリースした作品の数々が聴き放題サービスなどでも聴くことができる。

とにかくくれぐれも間違って使用しないように注意したい。

関連記事リンク(外部サイト)

『ヒルナンデス!』MC・南原清隆の謎の強さをネットユーザーが分析 「スベってるだけなのに裏番組を倒す」
BRAHMANのTOSHI
SMAP、27時間テレビ伝説のライブ映像公開 中居くんに改めて称賛の声多数
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
夭折したヒップホップの匠、D.L その「凄味」をラッパー、ダースレイダーが解説

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。