ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

竹原ピストル、ライブ「BEST BOUT+youth」を開催&来春ニューアルバム発売決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
竹原ピストル、ライブ「BEST BOUT+youth」を開催&来春ニューアルバム発売決定

住友生命「1UP」CMソングの「よー、そこの若いの」が、CD、音楽配信でロングヒット中の竹原ピストル。彼が、自身がリリースした2枚のアルバムを引っさげたバンドツアーLIVE「BEST BOUT+youth」を東京・LIQUIDROOMで行った。

文字通り、アルバム「BEST BOUT」「youth」の2枚に収められている楽曲をバンドアレンジで、大阪BIGCAT、東京LIQUIDROOMの2か所で行った今回のバンドLIVE「BEST BOUT+youth」。

2016年は全国47都道府県114本の弾き語りツアーを成功したばかりだが、待望のバンドライブだけに、両公演ともにチケットはソールドアウト。いつもの弾き語りとは一味違う、深みもありながら、スタンダードに楽しいライブとなった。

「ドサ回り数え歌」の弾き語りでスタートしたこの日のライブは、2曲目の「LIVE IN 和歌山」からバンドスタイルに。今回のバンドは佐藤洋介(G & Mani)、外園一馬(G)、黒田元浩(B)、山本健太(Key)、あらきゆうこ(Dr)と言う布陣。

「RAIN」「俺のアディダス~人としての志~」「youth」などいつもと異なるアプローチに、会場を埋め尽くした観客は大いに乗った。その反応に竹原本人も「売れてきている雰囲気にしてもらって、ありがとう(笑)」と温かな雰囲気に。「ばかやろ。」「カウント10」を弾き語りでがっちり引き締めた後の、「よー、そこの若いの」はCMでもおなじみのバンドアレンジで客席も大熱唱と盛り上がった。

アンコールでは、この日40歳になった竹原が「40歳を前にした心境からできた」と語った新曲「Forever Young」を熱く歌った。ラスト「マイメン」はステージ・会場がまさに一体となる大合唱で大団円。「今後もいろいろなスタイルのライブを行うが、バンドでライブする際には、この最強メンバーでやりたい!」と竹原自身も語った、最高に熱い大成功のバンドライブとなった。

そして、前作より約1年半ぶりの2017年4月、ドラマタイアップソング「Forever Young」を含むオリジナルアルバム「PEACE OUT」がリリースされることも発表。さらに、全国弾き語りツアー「PEACE OUT」も決定している。

セットリスト
「竹原ピストル LIVE “BEST BOUT+youth” at 東京・LIQUIDROOM 2016.12.27」
1.ドサ回り数え歌
2.LIVE IN 和歌山
3.RAIN
4.全て身に覚えのある痛みだろう?
5.HYPERLINK “x-apple-data-detectors://0” 午前2時 私は今 自画像に描かれた自画像
6.じゅうじか
7.俺のアディダス~人としての志~
8.どっちみち どっちもどっちさ
9.東京一年生
10.高円寺
11.ぐるぐる
12.youth
13.わたしのしごと
14.テイク イット イージー
15.ぼくの夢でした
16.カモメ
17.へっちゃらさ、ベイビー
18.トム・ジョード
19.ばかやろ。
20.カウント10
21.石ころみたいにひとりぼっちで、命の底から駆け抜けるんだ
22.ちぇっく!
23.よー、そこの若いの
24.月夜をたがやせ
〈アンコール〉
25.オールドルーキー
26.Forever Young
27.みんな~、やってるか!
28.アメイジング・グレイス
29.マイメン

リリース情報
竹原ピストル ニューアルバム「PEACE OUT」
2017年4月リリース決定
※詳細は後日発表

関連リンク

竹原ピストル 公式サイトhttp://www.office-augusta.com/pistol/
竹原ピストル 公式ブログhttp://blog.goo.ne.jp/pistol_1976
竹原ピストル 公式Twitter@G1WzlOb8admT2Zt

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。