体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャイハックの心得を説く:『消極性デザイン宣言』出版記念イベントレポート

消極性を再定義する、「消極性研究会」についておさらい

「なぜ、自分のペースでコミュニケーションを取ろうとするとKYと言われてしまうんだろう」「なぜ、この社会はやる気が無尽蔵かつ定常的に得られると無邪気に仮定しているのだろうか?」

津田塾大学 栗原 一貴氏

当たり前とされているこうしたことに疑問を感じ、情報科学の研究者たちが立ち上げたのが「消極性研究会」だ。

メンバーは2014年のイグ・ノーベル賞受賞者、津田塾大学の栗原一貴氏、神戸大学の西田健志氏、産業技術総合研究所の濱崎雅弘氏、Unity Technologies Japan/慶應義塾大学メディアデザイン研究科付属メディアデザイン研究所 リサーチャーの簗瀬洋平氏、『融けるデザイン』の明治大学・渡邊恵太氏。

消極性をコミュニケーションに対する苦手意識という意味のシャイと、日常におけるやる気のなさや「ためらい」ととらえ、消極性は改善すべきスキルではなく、食べ物の好き嫌いと同じような「嗜好」、ある対象に関する個人の1つの属性であるとする。

つまり、誰でも持っていて、現れたり消えたりするものじゃないのか、というようにとらえ直し、そうであれば、消極性を軸にしたユニバーサルデザインの考え方に基づいたシステム設計が必要ではないか。

この10月に刊行された『消極性デザイン宣言』(BNN新社)は、彼らの活動や考え方をまとめたものだ。栗原氏による見どころからいくつか紹介しておこう。

「SHYHACK」(シャイハック)のススメ

有名な「隗より始めよ」という故事があるが、これを用いて「シャイな感性によって、⾔葉ではなく環境をデザインすることで世の中をよくしようとを提言した郭隗に対し、昭王という優れたリーダーが理解を示した。

その結果、多様で優れた⼈たちが共感し、集った」と解く栗原氏は、本の中で述べていることと基本的に同じとする。ますます多様化する現代で、「消極性」には、⼈々が活躍し⼈類を進歩させるしくみづくりのヒントがある。

情報科学分野の5⼈の研究者が持論を展開、具体的デザイン原理に凝縮

この本では、言葉で伝えるのではなく、デザインで環境を変える、問題解決を図ること(シャイハック)を一貫して提案している。さらには、それらを具体的なデザイン原理に落とし込んでいる。

▲神戸大学 西田 健志氏 ▲産業技術総合研究所 濱崎 雅弘氏

ざっと概要を紹介すると、第1章から第3章まではコミュニケーションについて扱っている。

まず、第1章で栗原氏が基本的なコミュニケーション(1対1、もしくは1対少⼈数)において、たとえば「やめて」と相手に⾔えないときをどう対処すればいいか、栗原氏が開発したデバイスをあげながら具体的に解説。

第2章では、西田氏が複数人のコミュニケーションにおける消極性を活かすデザインの考え方について。第3章では共同作業、濱崎氏が消極的な人でもグループの中で成果が上げられること、その要因や背景について解説している。

▲Unity Technologies Japan/慶應義塾大学メディアデザイン研究科付属メディアデザイン研究所 リサーチャーの簗瀬洋平氏 ▲明治大学 渡邊 慶太氏

第4章、5章ではコミュニケーションからモチベーションにスイッチし、「やる気にさせること」をとことん追求するゲームデザインを活用し、いかに日々の生活を豊かにデザインできるかという話を簗瀬氏が、そして、やる気がなくてもうまくいくような道具やシステム、仕組みをどう作るかという考え方を渡邊氏が解説。

そのほか、⼩野ほりでい氏のイラスト、章末ごとの「シャイ⼦とレイ⼦」のSHYHACKトーク、巻末の座談会など、読み応えのある1冊になっているので、ぜひ書籍を手に取っていただきたい。ちなみに、このときの座談会のフルバージョンはこちら

とここまでが前段として、以降からパネルディスカッションの様子を紹介しよう。モデレーターは簗瀬氏。

消極的な私の出会いはどこにある?

簗瀬:よくパネルディスカッションというと、やる側のスキルが問われるところで、けっこう散漫と話してしまいがちなんですが、我々はシャイなのであまりスキルを問われたくないということで、質問を事前に募集しました。またこの場でも、挙手して質問を受け付けるというのはこのイベントにはふさわしくないので、質問をそこに書きこんでいただければ。もちろん、積極的に手を上げて質問するのもありです。

1 2 3 4 5次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。