ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ママだって少しは遊びたい! 年に一度のお楽しみ、夢のリフレッシュ時間をくれた義姉

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

先日、一歳になった我が子を連れて実家に帰省しました。

娘と2人で飛行機旅、娘は初めての飛行機でしたので、不安と緊張でいっぱいでしたがなんなくクリア。機内からは虹も見えて、幸先良いスタートだと思ってルンルンな気分で実家に到着しました。

里帰り出産ぶりの実家では親や親戚が娘との再会に喜び、幸せさえも感じました。

本題に入ります。

帰省中に私の地元で毎年行く好きなアーティストのコンサートがあり、親に預かってもらって参加しようとチケットも用意して帰省しました(むしろこのコンサートに行きたいがために、帰省時期を少しずらしたのです)。

年に一回のお楽しみ。去年は夫が子どもを預かってくれて楽しむことができました。 関連記事:ママだし授乳中だけど、ひとり遠征! 思い切って確保した趣味の時間は、育児の支えに

母親にも預かって欲しい旨を前々から話していたのですが、母に直前になって預かるのは不安と断られ…父なんて、「小さな子供を預けてコンサートに行くなんて考えられない!」「親としてどうなんだ!」など罵倒。

楽しみにしていたコンサートが絶望的に…。部屋に篭り号泣してしまいました。

親の言うことももっともなんだけど、私だって楽しみたい…。

その一部始終を見ていた義姉が救いの手を差し伸べてくれました。

「ママだって少しは遊びたいよね。気持ちがとってもわかるよ」と一緒になって号泣してくれました。それだけでだいぶ心が軽くなりました。

そして、「私が預かるよ、楽しんでおいで」と。

義姉がコンサート中、車の中や会場付近で娘と遊んでいてくれるのことでした。娘も義姉にとても懐いていたし、ここはありがたく甘えました。

義姉のおかげで無事にコンサートに参加できリフレッシュできました。絶望からの夢のようなコンサートでした。

娘も楽しく遊んで待っていてくれたようでした。義姉に本当に感謝しています。 関連記事:親の息抜きどころか、気が気じゃなかった2時間…入園前の預かり保育にトライ!

帰省中に親が預かってくれるだろうと考えていた私も甘かったかな、と反省しています。考え方は人それぞれですもんね。

ただ、ママだって羽を伸ばして少しは遊んでもいいと思う!

育児から少し離れてリフレッシュしてもいいんじゃないかな、と思った出来事でした。

次回は娘と一緒に参加したいと思っています。

著者:ゆんころ

一児の母です。保育園がないので只今育休延長中^ ^

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

来客前の一瞬でお部屋すっきり! 散らかりアイテムには「逃げ場」を確保すべし
ありがためいわくから始まった姉妹愛も、今では…。4歳差姉妹の関係性の変化 by あね子
だから子育てはおもしろい!ママ歴3年目でも「新米ママ」感が抜けないわたし by 園田花ヨウ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。