体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ人はトルコを訪れるのか?知ればきっと行ってみたくなる3つの理由

Photo Credit:Asami Yamada「ウユニだけじゃない!絶景トルコの塩湖と世界遺産を巡る旅+ちょこっとエジプト」

Photo Credit:Asami Yamada「ウユニだけじゃない!絶景トルコの塩湖と世界遺産を巡る旅+ちょこっとエジプト

こんにちは。Compathy Magazineライターyuichiです。

トルコにいってみたいと思っている方はいらっしゃいますか? 最近、「海外旅行に行くならぜひトルコへ!」という方が増えているように感じます。実際に熟年カップルから若者の一人旅まで、トルコへは日々多くの方が旅立っています。

なぜトルコは多くの人を魅了するのでしょうか。かつて旅行会社勤務&添乗員経験がある私が、旅行会社営業の立場からその理由を分析してみました。

(1)見所が豊富!

トルコは見所が豊富です。とにかくいろいろあります! 上記の写真はパムッカレ。これはトルコ中部の自然遺産です。「パムッカレ」とはトルコ語で「綿の城」という意味で、石灰棚に水が溜まった景色はまさに絶景。

パムッカレは温泉保養施設としても有名です。石灰棚に流れる水は、実は温泉なんです! 靴を脱いで棚の上を歩くこともできます。歩きながらの「足湯」体験をできるおもしろい観光地です。

トルコにはパムッカレ以外にも奇岩群で有名なカッパドキアに代表される自然遺産、イスラム建築、また地中海沿岸部にはかつてのローマ時代の建築も残っています。

さらにはシルクロードの西の入口として発展したため、世界遺産イスタンブールの旧市街はまるでシンドバッドの世界を連想させるエキゾチックな雰囲気があります。

Asami Yamada「ウユニだけじゃない!絶景トルコの塩湖と世界遺産を巡る旅+ちょこっとエジプト

(2)ホテル設備が完璧

Photo Credit:Emi Hatakeyama「Turkey 東洋と西洋の中間!魅力満載の国☆その③」

Photo Credit:Emi Hatakeyama「Turkey 東洋と西洋の中間!魅力満載の国☆その③
トルコは他の国と比べてホテルのレベルが全体的に高いと感じます。もちろんピンからキリまでありますが、スタンダードのホテル料金を考えると日本人も十分満足できるクオリティーと清潔さです。

上記の写真は世界遺産の街イスタンブールのホテルです。私が個人的におすすめするホテルは2つあります。

1つ目はカッパドキアでの洞窟風ホテルでの滞在です。カッパドキアではかつてキリスト教徒がイスラム教徒からの迫害を逃れるために奇岩の中、もしくは地下に穴を掘り住居としました。洞窟風といっても部屋の内部にはベッド、シャワーなどが完備され、ホテルによってはスパ設備もあるなど、リゾート気分で楽しむことができます。

2つ目は温泉ホテルでの滞在です。トルコは実は温泉大国。各地に温泉が湧いています。日本の温泉旅館とは違って水着を着用して楽しみます。用途としてもどちらかというと保養施設という意味合いが強く、怪我を癒すため、リハビリのためなどで利用する人が多いようです。

「ケセ」というあかすりも名物で、専用のミトンをつけたおじさんが背中をごしごしとやってくれます。(もちろん女性は女性が担当するのでご安心を!)トルコにいったら一度試してみてはいかがでしょうか?

Emi Hatakeyama「Turkey 東洋と西洋の中間!魅力満載の国☆その③

(3)食べ物が口に合う

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。