ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

読書で世界一周する女性から学ぶ「世界を読む旅」。そこで見えるものとは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世界一周と聞いた時あなたはどのようなイメージが湧きますか? 多くの人が「旅行」という文字を思い浮かべるのではないでしょうか。

世界一周の旅に出る人が多くいる中、イギリスのアン・モーガンさんは世界の本を読破することを目的としたプロジェクトA YEAR OF READING THE WORLDをスタートし世界中から注目を集めています。

気がつけば自国の本ばかり読んでいた

【世界読書旅行】あなたならどこの国からスタートする?
イギリスに住む多読家としてしられるアン・モーガンさんは世界中にたくさんの国と文化があるのにもかかわらず、ふと気がつけば自国イギリスの本や同じ英語圏のアメリカの本ばかり読んでいたと気が付きました。

調べてみるとどの出版社も自国びいきで全体のわずか4.5%の本しか世界中の本が翻訳されていないという事実に衝撃を隠せませんでした。

そしてロンドンオリンピックの年に彼女は1年かけて世界中の国の本を読破するプロジェクトをスタートすることを決意したのです。

オープンマインドになることで世界が助けてくれた

【世界読書旅行】あなたならどこの国からスタートする?
彼女はプロジェクトスタートと同時にA YEAR OF READING THE WORLDというブログをスタートしました。するとブログを立ち上げた直後思いもよらない連絡を受ける事に。

それはマレーシアの女性からで、なんと「自国マレーシアのオススメの本の英語版を送る」との事でした。

【世界読書旅行】あなたならどこの国からスタートする?
当時のアンモーガンさんはプロジェクトを立ち上げたにもかかわらず、どうやって世界中の本を英語版で手に入れられるのか、また何からスタートするべきなのかまったく知る由もなかったため、その女性からのサポートに深く感激しました。

さらにそのオファーをきっかけにアンモーガンさんのプロジェクトに共感した世界中の人たちから続々とサポートが寄せられるようになりました。中には現地言語にて出版されていた本を翻訳すると申し出てくれる人も出てくるほど。各国の言葉を理解できなくても様々な人のサポートのおかげで彼女のプロジェクトはどんどん大きくなっていったのです。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい

このままでいいの日本人?~アメリカでは教養としての読書が重要視される~
このままでいいの?日本人〜フランスと日本、読書量の圧倒的な違い〜
2位は読書!独身女性に人気の「自分磨き」、納得の第1位は?
【読書家必見】いつか行きたい!文豪が愛した世界のカフェ5選

A YEAR OF READING THE WORLDプロジェクトが教えてくれたこと

【世界読書旅行】あなたならどこの国からスタートする?
現在彼女が読破した国の数は196。それもひとえに世界中のサポートがあってこそ。

「ただ新しい経験をすることや新しい物語を知ることだけでなく、本を通して世界中の人たちと繋がれたことに価値がある。今回の経験を通して自分の弱点がプロジェクトにとっての強みになった」と彼女は語ります。

そして「世界中の出版社に自国びいきせず世界中の素晴らしい本が多く翻訳されることを願っている」とプロジェクトを通し発信しつづけています。

【世界読書旅行】あなたならどこの国からスタートする?
アンモーガンさんが教えてくれた全く別の切り口からの「世界一周」。現地に実際旅行にいかなくとも各国の素晴らしい文化や思想の世界にトリップできる読書を通してあなたも世界を読んでみてはいかがでしょう?

[All photos by A year of reading the world]
[A year of reading the world.com]

■あわせて読みたい

このままでいいの日本人?~アメリカでは教養としての読書が重要視される~
このままでいいの?日本人〜フランスと日本、読書量の圧倒的な違い〜
2位は読書!独身女性に人気の「自分磨き」、納得の第1位は?
【読書家必見】いつか行きたい!文豪が愛した世界のカフェ5選

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。