ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

赤ちゃんも私も、息も絶え絶え…。臍帯圧迫の疑い、激痛を四つん這いで耐えることに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20161226224644j:plain f:id:akasuguedi:20161218143748p:plain

妊娠39週0日、時々出てくる間欠的な軽い痛みがあって、陣痛なのか分かりませんでした。

周産期センターに電話すると「診察しますので、気をつけて来てください」と優しく対応してもらいました。

診察の結果は子宮口 2cm開大で、

「初産婦だから、もしかしたら出産はまだかも知れないけれど、入院してゆっくり赤ちゃんを待ちましょう」

と言ってもらえたとき、安堵していたことを覚えています。

旦那さんにはずっと付き添ってもらって、陣痛のたびに呼吸法をリードしてもらっていました。

そばに居てくれていることが気持ちの安寧につながり、リラックスしていたので、痛みに弱い私ですが、陣痛はそんなに身に堪えるものではありませんでした。 関連記事:予定日間近に主人とケンカ! でも側にいてくれるだけで心強かった立会い出産

私は妊娠中の体重増加が顕著に進んだので、旦那さんが毎日散歩に誘ってくれていました。

そのことで体力がつき、有効な陣痛をもたらしたのかどうかは分かりません。

しかし陣痛は予想したよりも経過よく進みました。

助産師さんに陣痛室で『頑張ってるよ』って励ましてもらいながら一晩過ごし、明け方には子宮口全開。破水もして、私の体力もまだ余裕があったし、あとは赤ちゃんが出るのを待つのみになっていました。

でも明け方からの激痛の陣痛時に胎児心拍が落ちてきて、臍帯圧迫を疑い、酸素を吸いながら四つん這いの姿勢にならなくてはいけませんでした。

私自身、自分の苦痛や疲労感よりも、まだまだ小さな赤ちゃんへの負担を軽減してやりたくて一心不乱でした。

強くて数分の休みもなく、波のように押し寄せてくる強い陣痛がありましたが、なかなか赤ちゃんは出てこられないようでした。

私の体力も限界になってきて、痛みが半端なく、四つん這いも、呼吸さえも上手くできなくて錯乱状態になってきました。

出産時刻は9:39。

朝一から産婦人科の先生たちが5人以上きてくれました。若くて優しい看護長さんも、受け持ち助産師さんも申し送りを早めに切り上げて来てくれて、出産までずっとついてくれました。

たった1組の親子のために、たくさんの先生方や助産師さんがついてくれて、激痛で錯乱状態になっている私を支えて誘導してくれて、明け方過ぎてからの出産までのスピードが早かったです。

結局、胎児心拍低下の理由は、臍帯が短かかったせいのようです。

強い陣痛で子宮が押しているけど、赤ちゃんが頑張って降りてこようにも臍帯の長さが短くて降りられず、赤ちゃんは苦しかったみたいです。 関連記事:首にへその緒が3重巻き!? スムーズに生まれたからよかったけど、後から考えるとヒヤリもの

あの短時間で、すぐ判断し人を集め、分娩を皆さんでアシストしてくれて、みなさんで私たちを助けてくれました。

たくさんの医療スタッフの皆さんがいてくれたおかげで、私と赤ちゃんは助かったんだなあと思います。

胎児心拍が落ちてきてると聞いてたので不安でしたが、出産直後からずっと大きな声で泣き続ける我が子の声を聞いて、ホッとして涙が止まりませんでした。

たくさんの方に助けて頂いた命、大事に大事にしていきたいと思いました。

その日は5/12でしたので、旦那さんの最初の言葉は「今日はナイチンゲールの誕生日だよ。看護の日だよ」でした。

いつもながらの天然発言に、今日も我が家は平和だなと安堵しました。

妊娠時から旦那さんは毎日、私以上にお腹に声かけ続けてくれていました。

出産直後、綺麗にしてもらって、それまで泣き続けていた我が子が、私と旦那さんの声を聞き、急に泣き止み、きょとんとした顔で声の方を目を開いて見続けてくれました。

小さなお手手で、私の指を握り、まだすわってない首で、私たちの方を向こうとし、じっと見続けてくれる…そんな姿に癒されました。

今、娘は3か月になりました。

目も見えるようになったようで、あやすとよく笑ってくれるようになりました。

夫、お互いの両親、お互いの兄弟にも愛してもらえて、自分のこと以上に幸せです。

著者:いも

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

合計6700gを予定日超過で自然分娩!?安産体質な母の奇跡のような双子出産体験記 by水谷さるころ
出産って赤ちゃん以外にも生まれるんだ…。色々なことにビックリさせられた出産でした…
予定日超過からの陣発。

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。