体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

郷土の味を堪能!冬旅の主役にしたい「名物鍋」のあるオススメ宿【東日本】

郷土の味を堪能!冬旅の主役にしたい「名物鍋」のあるオススメ宿【東日本】 あんこうの宿まるみつ旅館 アイキャッチ

冬の寒さも厳しくなってくると、恋しくなるのは鍋料理。いよいよ本格的な鍋のシーズンがやってきました!

全国を見渡してみると、鍋自慢の美食宿がたくさんあります。そんな美食宿に共通しているのは、その土地に根ざした味であること。

今回は、東日本エリアの名物鍋を味わうことができる宿をご紹介します。地元に愛されている鍋をじっくりと味わったら、温泉でのんびり。お腹も心も満たされること間違いなし。

旅の楽しみは、やっぱりおいしい食事。この冬の旅行は、名物鍋を堪能するグルメな旅!をテーマにしてみてはいかがですか?

魚拓荘鈴木屋【千葉県南房総市】

煮た煮た?それともニタニタ?笑みが溢れる豪華な漁師鍋。

にいたにた鍋

魚拓荘鈴木屋 にいたにた鍋 魚介はワタリガニやアジのすり身、赤魚など。地元の港に水揚げされた旬の素材を日替わりで数種類入れる。隠し味の酒粕が、ほのかな甘みとコクのある味わいに魚拓荘鈴木屋 舟盛り2人前。この日はキンメダイやカジキなど。魚は厚切りで食べ応え十分。料理はすべて海の幸コースより魚拓荘鈴木屋 さざえのつぼ煮。食べるときに火をつける演出も魚拓荘鈴木屋 地元で房州エビと呼ぶ伊勢海老の具足煮は、醤油味で煮る郷土料理。身はもちろん伊勢海老のエキスが溶け込んだ汁も美味魚拓荘鈴木屋 料理長 熟練の料理長が厨房を切り盛り魚拓荘鈴木屋 客室「田舎」は10畳+次の間付き。全16室は昔ながらの和室で統一魚拓荘鈴木屋 浴室は古き良き昭和を彷彿とさせる造り魚拓荘鈴木屋
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。