ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「天むす」と「梅おにぎり」はどっちが太る?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「天むす」と「梅おにぎり」はどっちが太る?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。12月の火曜日は管理栄養士・足立香代子さんをお迎えし、「太りにくい間食」をテーマにお話を伺ってきました。最終週となる12月27日(火)のテーマは「太りにくい間食、食べるならどっち?」。

ひと足早くお正月休みに入ったという人もいるかもしれませんが、帰省のお供にサンドイッチやおにぎり、お菓子などを食べることもあると思います。そんな時のアドバイス、足立さんに教えて頂きました。

■「梅おにぎり」VS「天むす」
間食で食べるなら「天むす」だそうです。梅おにぎりは1個につき170キロカロリー、一方の天むすは200キロカロリーと、カロリー面では天むすが上回りますが、梅おにぎりは糖質が多いので、タンパク質と油が多い天むすの方が間食にはおすすめと足立さん。意外な結果ですが、おにぎりでも「ツナ」や「シャケ」、ごま油の入った「鶏五目おこわ」の方がよいとのこと。また、梅おにぎりを食べる場合は、ゆでたまごなどタンパク質を含むものと一緒に食べるとよいそうですが、間食は「200キロカロリー以内」というルールを守ることが大事です。

■「シュークリーム」VS「メロンパン」
「シュークリーム」の方が太りにくいそうです。シュークリームの皮は薄いので炭水化物が少ないことと、カスタードクリームが卵と牛乳がたっぷり入っているので間食には良いとのこと。メロンパンは1個で500キロカロリーと小さな弁当1個くらいのカロリーがあって、炭水化物も多く血糖値も上がりやすいのだとか。

■「高脂肪アイスクリーム」VS「ラクトアイス」
こちらは「高脂肪アイスクリーム」。高脂肪アイスクリームはカロリーは高いので、食べ過ぎになりがちな大きなカップではなく小さいカップがおすすめです。味が濃い上に、油分とタンパク質が多いので腹持ちがいい、比較的カルシウムが多く、ビタミンAが含まれているなどバランスが良い食べ物です。小さいカップアイスの場合でも250キロカロリーはあるので、ひとくち誰かにあげるとちょうど200キロカロリーになります(笑)。

■「コロッケバーガー」VS「テリヤキバーガー」
これは「テリヤキバーガー」。ただし、ハンバーガーはどれも1個250キロカロリーオーバーになることが多いので、パンは上の部分だけ食べる、4分の1を残すといった工夫も必要です。コロッケバーガーに関しては、コロッケはジャガイモ+表面がパン粉ということで、ほとんどが炭水化物。さらに600キロカロリーもあるため、間食で食べるのはやめたほうが良い、というのが足立さんのアドバイスでした。

もちろん食べ過ぎには注意ですが、間食は何をどう食べるか、とり方次第で太りにくくなることがわかりました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。