体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤提灯に「みそ汁」の文字。夜な夜な全国から常連客が訪れる味噌汁屋さんで、きっぷの良い美人ママが待っている【福岡・春吉】

f:id:mesitsu_lb:20161202163906j:plain

この地で早40年。春吉の歴史を見つめる老舗。

メシ通レポーターのあずま梓です。今から17年ほど前、初めて一人暮らしをしたのが、福岡市の春吉という街でした。都心にほど近い割に、薄暗い路地の多い街でしたが、キャナルシティができて徐々に住む人も増え、飲食店も増えつつある頃でした。

そんな中、気になって仕方がなかったお店が、この「みそ汁 若尾」です。古びた小さな入口、なのにやたら大きな赤提灯。「みそ汁 若尾」という店名も気になります。

f:id:mesitsu_lb:20161202163913j:plain

「おかあさんの料理」うんぬんの文字、当時はありませんでした。

今ではすっかり明るくなった路地ですが、昔は本当に暗くて人通りもまばらで、夜になるとうつむいて早足で通り抜けるのが常でした。しかしさんざんためらった挙げ句、ようやく勇気を出して入ってみると、そこにはとても明るく居心地の良い空間があり、ホッとしたのを覚えています。

f:id:mesitsu_lb:20161202163917j:plain

煌々(こうこう)と明るい店内。

f:id:mesitsu_lb:20161202163919j:plain

靴を脱ぐスペースの横には、心づくしの花が飾られています。

f:id:mesitsu_lb:20161202163921j:plain

奥には小上がり。畳にテーブル、テレビ。居心地はまるで実家。

f:id:mesitsu_lb:20161202163924j:plain

常連さんのボトルが並ぶ棚には、これまた常連さんたちの写真がいっぱい。歴史を感じるものもあり、昔のしのママの美しい姿も見られます。ぜひ、来訪の折には探してみてください。

f:id:mesitsu_lb:20161202163927j:plain

カメラを向けられて照れる女将、しのママ。みんなに「お母さん」と呼ばれる彼女は、長崎の五島出身なのです。

f:id:mesitsu_lb:20161202163932j:plain

壁のメニューは少し古く、「夕食」は現在、腹具合によって1,500〜2,000円で見繕ってくれます。みそ汁の他に五島うどんもありますが、こちらは何と価格据え置き。

f:id:mesitsu_lb:20161202163933j:plain

こちらが人気メニュー五島うどん(510円)。すっきりとしたあご出汁は、思わず飲み干したくなる優しさ。ツルンとしたのどごし良い細麺で、香り高いうどんです。

「若尾」を一人で切り盛りするしのママは、18歳から福岡で働き、店を構えて40年。彼女の優しさと明るさ、きっぷの良さにひかれて、地元はもちろん全国各地からお客さんが集まります。出張で福岡に来たとき誰かに連れて来られて以来、福岡に来るたび通うようになったというビジネスマンの常連さんも多く、平日でもカウンターが満席になることは珍しくありません。

基本は「おまかせ」。まるで母の晩ご飯。

「若尾」の料理は日替わりで、おまかせ。カウンターの上に並んだ大皿と鍋から、お客さんの腹具合や好みを聞きつつ5品以上を盛りつけてくれます。しのママが毎日市場で仕入れながら、旬と肉、魚、野菜のバランスを考慮しつつ、献立を決めるそうです。この日は……

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。