ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

重箱は正月以外にも大活躍!? オシャレ重箱“箱詰め”レシピ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:ponparemall:20161227130130j:plain

気がつけば、年末。もうすぐお正月がやってきますね。

お正月と聞くとおせち料理を思い浮かべる方が多いですよね! おせち料理といえば、重箱。重箱は赤や黒の漆器で作られたクラシックな和柄のものをイメージしがちですが、最近は重箱も現代風のものが増えているそう。キュートでオシャレな重箱を普段使いして、“箱詰め料理”を楽しんでいる方もいるのだとか。

そこで今回は、最近の重箱のトレンドを追いつつ、重箱の普段使いにピッタリな“箱詰めのレシピ”をご紹介します。

どんなタイプが人気なの? オシャレ重箱最前線

まずは、重箱のトレンド調査です。最近はどんなオシャレ重箱が人気を集めているのでしょうか? 株式会社ロフトで広報を担当している中川真理子さんに、お話をうかがいました。

「洋食おせちや中華オードブルなど、おせちの種類が多様化してきたことにより、最近はどんな料理にでも合うシンプルでスタイリッシュな重箱が人気です。和柄だとどうしても和食おせちのイメージが強くなりがちですが、中身を選ばないスタイリッシュな重箱はいろいろな行事にも使えるのでオススメですよ」(中川さん・以下同)

和柄でクラシックな重箱も素敵ですが、用途や流行を考えるとスタイリッシュな重箱が人気な理由もわかります。あくまで主役は料理ですから、重箱はシンプルでもいいのかもしれませんね。

では、実際にオススメの重箱をセレクトしていただきましょう!

「木目三段重」

f:id:ponparemall:20161227130116j:plain

木目三段重/3,000円(税抜)

画像提供:渋谷ロフト

普通の重箱よりも少しモダンな雰囲気のものがほしいならコレ。幅15cmと少し小さめですが、三段もあるので様々な種類の料理を詰められそう。黒塗りタイプもあります。

「丸二段弁当」

f:id:ponparemall:20161227130226j:plain

左:丸二段弁当(根来)

右:丸二段弁当(変根来)/4,000円(税抜)

画像提供:渋谷ロフト

こちらはお弁当箱として売られていますが、ミニおせちを入れるのにもぴったり。1人〜2人暮らしの人にはオススメです。

「KOTORITACHI二段オードブル」

f:id:ponparemall:20161227130251j:plain

KOTORITACHI 行楽二段オードブル

くつろぐ小鳥オレンジ/2,800円(税抜)

画像提供:株式会社ロフト

※季節商品につき、数に限り有り。

2017年の酉年にちなんで、小鳥の重箱も販売されます。レトロな小鳥柄がかわいいですね♪

重箱は普段使いにもぴったり!

中川さんにオススメしていただいたようなスタイリッシュな重箱なら、正月に使うだけではもったいないですよね!『箱詰めもてなしレシピ』の著者でもある料理研究家のいづいさちこ先生は、重箱はおせちやお弁当以外にも使い道がたくさんあると話しています。

「重箱はお友だちが遊びに来たときや逆にお呼ばれをしたときのお持たせ、ちょっとしたパーティーで使用するのにもぴったりなんです。普通のお皿だと、事前にお料理を作り置きしておくとかなり場所を取ってしまいますから。重箱なら重ねて置いておけるのでスペースを取りません。冷蔵庫でも保存しやすいですよ」(いづい先生・以下同)

いづい先生は様々な種類の重箱を持っていて、シーンによって使い分けているのだとか。では、いづい先生のオススメの重箱は?

「白木の重箱は基本的にどんな料理にも合いますし、保湿効果もあるので、ひとつ持っておくと便利です。以前は6.5寸(約19.5cm)以上の、かなり大きめなサイズのものが一般的ですが、普段使いや運動会、ピクニックなど使用するのであれば、5寸(15cm)や6寸(18cm)がオススメです」

f:id:ponparemall:20161227130342j:plain

シンプルで使いやすい白木の重箱は、一年中活躍してくれそう!

盛り付けのコツは「高さ」

f:id:ponparemall:20161227130417j:plain

どんなにかわいい重箱でも、ただ詰めるだけでは普通のおせち料理やお弁当のようになってしまいそう。箱詰めの料理でもオシャレに見せるには、どのように盛り付ければいいのでしょうか?

「重箱はつい料理をたくさん詰めたくなってしまいますが、ぎちぎちと平らにお料理を詰めると、どうしても影ができてしまって暗い印象に。中に小鉢や小皿を使って盛り付けると立体感が出て、一気に華やかになりますよ」

重箱の中に食器を使うというと斬新にも思えますが、料亭の前菜料理の盛り付けを思い出してみると、確かに重箱や籠の中に小皿や小鉢を使っていますよね! 「重箱=おせち・お弁当」という概念を捨て、料亭や和食料理屋さんの技をマネしてみると、グッとオシャレ感が増しそうです。

「実は、重箱って汁もの以外はどんな料理にも合うんです。おせちのイメージが強いので和食を連想しがちですが、たとえばエスニック料理にもぴったり。小鉢にチリコンカンを盛り付け、その周りに重箱の壁を利用してトルティーヤを添えるとパーティー感のあるメキシカン料理が簡単に作れます」

スイーツを詰めても映えるとのこと! カップケーキやどら焼きなどを詰めて、お友達の家に持って行くと「そのまま出してもかわいい」と言って喜ばれるのだとか。これはぜひ真似してみたいワザです! 普段の食事でも、買ってきたお惣菜をそのまま出すのではなく、重箱に詰め替えるだけで華が出るそうですよ。

いづい先生オススメ

フォトジェニックにもなる重箱レシピ

f:id:ponparemall:20161227130445j:plain

ここからは、いづい先生オススメの重箱レシピをご紹介します! 簡単で、重箱に入れると華やかになる料理を、実際に作っていただきました。

■スタッフドバゲット

f:id:ponparemall:20161227130513j:plain

くり抜いて具材を詰めるだけの簡単レシピ! バゲットはパン屋で売っているものだと硬すぎるため、スーパーで売られている少し柔らかめのバゲットがオススメなのだとか。

*材料*(4人分)

・バゲット 10cm分

・じゃがいも 100g

・クリームチーズ 40g

・ベーコン 30g

・クルミ 15g

・イタリアンパセリ 少々

・マヨネーズ 大さじ1.5

*作り方*

(1) じゃがいもは電子レンジでやわらかくし、熱いうちに皮をむき、1.5cm角にする。

(2) クリームチーズも1.5cm角にし、ベーコン、クルミは粗みじん切りにして、イタリアンパセリはみじん切りにする。

(3) ボウルに(1)、(2)を入れ、マヨネーズを加え、しっかりと練るように混ぜる。

(4) バゲットの中を包丁でくりぬく。

(5) (4)に(3)を詰め、冷蔵庫で休ませる。

(6) お好みの厚さにスライスする。

■彩りラぺ

f:id:ponparemall:20161227130600j:plain

おせちでは定番の「なます」を、フランスのお惣菜「キャロットラペ」風にアレンジ。酸味が少なめなのでマイルドな味わいに。お子さんが敬遠しがちななますですが、これならおいしく食べられそう!

*材料*(4人分)

・水 100cc

・塩 3gg

A

・大根 50g

・紅大根 50g

・にんじん 50g

・きゅうり 50g

B

・塩 小さじ1/4

・酢 小さじ1

・粒マスタード 大さじ1/2

・菜種油 大さじ1/2

・クルミ 少々

*作り方*

(1) 水に塩を溶かし、塩水を作る。

(2) Aは4~5cmの長さの千切りにし、(1)に15分ほど漬けてから、絞って水分をしっかり除く。

(3) Bを加え、味を整える。

(4) 器に盛り、粗みじん切りにしたクルミを散らす。

■手まり寿司

f:id:ponparemall:20161227130630j:plain

<スナップエンドウの手まりずし(左から1列目)>

茹でたスナップエンドウを1センチ幅に切り、酢飯に混ぜて丸く整える。

<漬けマグロの手まりずし(左から2列目)>

丸く整形した酢飯の上に漬けマグロを乗せ、ラップでくるむ。てるてる坊主のように根元をねじり、マグロを定着させながら丸く整える。

<薬味といくらの手まりずし(左から3列目)>

青じそ、万能ねぎをみじん切りにし、酢飯に混ぜる。丸く整えたら、いくらをお好みで乗せる。

<桜えびの手まりずし(左から4列目)>

すり鉢で細かくした乾燥桜えびを、丸く整えた酢飯にまぶす。

f:id:ponparemall:20161227130709j:plain

<ハーブの手まりずし(左から1列目)>

イタリアンパセリとディルをみじん切りにし、酢飯に混ぜる。丸く整えたら、さらにディルをのせる。

<生ハムの手まりずし(左から2列目)>

丸く整形した酢飯の上に、三つ折りにした生ハムを乗せる。生ハムは固く絞ったさらしで包み、てるてる坊主のように根元をねじって丸く整える。

※左から3列目は「スナップエンドウ」、左から4列目は「桜えび」の手まりずし

手まり寿司は一口大に丸めると、食べやすいですし、見た目もかわいいですよ。いろんな種類を作ると華やかになります。

「重箱=おせちなどの和食」という概念を吹き飛ばすような、意外性のある料理だと特に話題になりそう。イマ風の重箱をゲットして、家族や友だちが喜ぶようなステキな普段使いをしちゃいましょう!

(取材協力)

f:id:ponparemall:20161227130733j:plain

いづいさちこ

「くにたちの食卓 いづい」主催。 静岡県生まれ。

早稲田大学第一文学部社会学専修卒。

オーガニックレストラン、懐石料理店、 パン屋さん、料理教室のインストラクターなど様々な経験を生かし、 2004年夏より自宅にて料理教室を始める。 出張教室、季節のイベント、キッズ教室の開催、 カフェのメニュー開発、料理やお菓子のご注文販売など、幅広く活躍中。3児の母。

f:id:ponparemall:20161227130946j:plain

『箱詰めもてなしレシピ』(誠文堂新光社刊)

いづいさちこ著 価格/1,512円(税込)

f:id:ponparemall:20161227130955j:plain

『箱詰めおやつの贈りもの』(誠文堂新光社刊)

いづいさちこ著 価格/1,512円(税込)

在庫をチェックする⇒

構成/遠藤麻衣(verb)

取材・文/熊谷彩香(かくしごと)

写真/菊池貴裕

関連記事リンク(外部サイト)

贅沢に丸ごと一尾食べたい!ズワイガニ&毛ガニのさばき方を習ってきた
アレンジしてインテリアに! 簡単ドライフラワーの作りかた
まだ間に合う! 今年はフェルトでクリスマスツリーを作っちゃおう!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。