体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コミュ力は鍛えられる?デキる人になるための3つのステップ

f:id:kensukesuzuki:20161020150719j:plain

「彼はコミュニケーション能力が高い」「私の長所はコミュニケーション力があるところです」と、よく耳にしますが、そもそも「コミュニケーション」とは一体なんなのでしょう? 同じ言葉を話したり書いたりしているはずなのに、コミュニケーションが得意な人、苦手な人には、一体どんな違いがあるのでしょうか?

今回は、コミュニケーション教育のエキスパート山田ズーニーさんに「ニガテ」を「デキル」に変える、ビジネスパーソンのためのコミュニケーション術について、お話をうかがいました。

プロフィール:

f:id:tyo-press:20161214113651j:plain

山田ズーニー

文章表現・コミュニケーションインストラクター /Benesse小論文編集長を経て独立。フリーランスで大学や企業で文章表現力・コミュニケーション力・プレゼン技法・自己表現力の教育に携わる。慶應大学非常勤講師。著書『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『あなたの話はなぜ「通じない」のか』。「おとなの小論文教室。」連載中。

山田ズーニー (@zoonieyamada) | Twitter

信頼されるのは「自分の考え」を明かす人

——まず初めにお聞きしたいのですが、山田さんがコミュニケーションの指導において一番大切にしていることはなんでしょうか?

コミュニケーションにつまずいている人は 「考えること」と「表現すること」が足りません。

話すにしろ書くにしろ、言葉を発するためには“考える”ことが重要なのです。いま何が求められているんだっけ? 私はこれを伝えることで上司にどうしてほしいのか? お客さまにいま私ができることは何か? というように、要所で立ち止まって考えることが不可欠です。

——会話の途中で考えてしまうと沈黙が生まれ、相手にとって失礼にならないでしょうか?

“ちょっとお待ちください。いま考えを整理しますので”とことわっておけば失礼にはなりません。うわすべりのコミュニケーションに陥ってしまうよりはずっと有意義です。

・「何を考えているかわからない人」になってませんか?

——まず「考えること」で、要所で自分の考えをきちんと整理するんですね。つぎに「表現すること」について、教えてください。

「想い」は目には見えません。自分がどんなに会社のことを想っていても、上司や部下に役立つアイデアを持っていても、黙っていては誰にもわかってもらえません。そこで、見えない想いに“言葉”という誰の目にも明らかなカタチを与え、人や社会に通じさせていく行為、これが“表現”です。自分の想っていること、考えていることを言葉にして伝えることが肝心です。

——自分の考えを言うと、「角が立つのでは?」「バカにされるのでは?」「拒否されたら……」と不安に感じる人も多いと思うのですが……。

職場の人間関係で最も厄介な人は、“何を考えているか分からない人”です。チームに1人でも、自分の考えを全く明かさない人がいたら、皆その人を警戒し、チームはまとまりません。職場で信頼を得ている人は、自分はこう思っていると腹の内を明かす人です。周りの人は、心を開いてくれたと安心できます。たとえ考えが違う人がいたとしても、それは違う、と言えるし、話し合うこともできる。自分の考えを明かす人とはコミュニケーションできるのです。

できる人は「自分」とのコミュニケーションも良好

——それでは「表現する」ためには、具体的にどうすればいいのでしょうか?

表現力やミュニケーション力を伸ばすには次の3つの段階があります。 第一段階:自分と通じる 第二段階:1人の相手に通じる 第三段階:多数の人々・社会に通じる

多くのビジネスパーソンは、いきなり第三段階に当たる不特定多数の人々や、社会を相手にコミュニケーションを求められる。苦手意識を持って当然です。

——なるほど。この第三段階を鍛えるために、今日からすぐ伸ばしていくためにはどうすれば良いでしょうか?

そもそも親や友達にも自分の想っていることを伝えられなかった、という人も少なくありません。第一段階、第二段階を習ってこなかった人々は、まず第一段階から順に訓練することから始めましょう。その後で、第三段階は職場で訓練していくのが良いですね。

・他者と通じる前に、自分と通じる

——なぜ最初に「自分と通じる」必要があるのでしょうか?

自分が自分とコミュニケーション不全に陥っている人って、実はけっこう多いんです。自分でも自分がどうしたいのかわからない、言いたいことが上手く言葉にできない……という経験、みなさんもありませんか?そのような状態では、上司を説得するにしたって、お客さんに売り込むにしたって、通じるわけがないのです。まず、自分と通じること。話すにしろ書くにしろ、その前段階として自分自身へ問いかけ、自分の心の声を聞いておくことは不可欠です。 自分がいちばん言いたいことは何か?(意見) これを相手に言って、で、自分はどうしたいのか?(目指す結果) 自分は本当のところ、この件についてどう想っているのか?(想い)

少なくともこれら3つの問いは、他者に発信する前に自分自身に聞いてみましょう。最初は時間がかかっても、やっているうちにどんどん自分と意思疎通が図れるようになってきます。

・コミュニケーション上手は、リアクション上手

——次に、第二段階である「1人の相手に通じる」へ進むには、どうすれば良いでしょうか?

自分の言いたいことを相手に響くように伝えられるようになるまでには、やはりそれなりの訓練が必要です。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。