体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モーニング娘。新メンバーはともに現役女子高生ながら好対照な二人

モーニング娘。新メンバーはともに現役女子高生ながら好対照な二人

今月12日に開催されたモーニング娘。’16の日本武道館コンサートで、13期新メンバーのお披露目が行われました。今回加入となったのは、加賀楓さん(17歳)と横山玲奈さん(15歳)。二人はともに「ハロプロ研修生」出身ですが、実はとても対照的な二人なのです。そんな二人の経歴に迫ってみましょう。

研修生活4年 苦労の末やっとデビューをつかんだ加賀楓さん

モーニング娘。13期メンバーを募る「モーニング娘。’16  新世紀オーディション」は今年1月に募集を開始。5月に「該当者なし」という結果が発表され、再募集を実施しました。ここでも合格者は出ませんでしたが、結果ハロプロ研修生から二人が選出されました。

12月の武道館公演の序盤、ステージ上で13期メンバーとして紹介された二人。横山さんは「長所と個性をたくさん出して頑張りたいと思います」と意気込みを語りました。そして加賀さんは「新メンバーとして一から努力をして、先輩をどんどん追い抜いていけるように頑張ります!」と誓ったところで感極まって涙をこぼしてしまいました。この涙は、今まで頑張ってきた思い出や悔しい思いをした経験が去来したからかもしれません。

この加賀さん、研修生に加入したのは2012年。その間、ダンスや歌のレッスンをみっちり受け、モーニング娘。やアンジュルムなどのグループの追加メンバー、新グループのメンバー候補にその都度上がっていたと思われますが、毎回落選。研修生の後輩たちが続々デビューしていく中、レッスンだけでなく、先輩グループのバックダンサーなどを務め、実力を蓄えていきました。

2015年に行われた『ハロプロ研修生発表会2015~春の公開実力テスト~』では、グランプリにあたる『ベストパフォーマンス賞』に輝き、そのスキルのレベルの高さはファンの間でも定評がありました。デビューもチャンスを掴み損ねるその間に、牧野真莉愛さんや羽賀朱音さん(ともにモーニング娘。12期メンバー)など、年下の同期や後輩メンバーが続々とデビューしていくことから、「もう加賀さんのハロプロからのデビューは難しいのでは…」「ハイティーン中心の新しいグループができないと無理かも」などと思われていたところ、今回大逆転のデビューとなりました。

加賀さんの研修生の同期には、加入後3ヶ月でJuice=Juiceメンバーとしてデビューした金澤朋子さんがいますが、その金澤さんのデビューから約4年を経ての遅咲きのデビューとなりました。

“敗者復活”の横山玲奈さんは史上最速 2ヶ月で“昇格”

そんな金澤さんのデビュー速度を上回る、研修生加入から2ヶ月でモーニング娘。としてデビューとなったのが横山玲奈さん。横山さんは、もともと13期メンバーの最初の募集に参加していたものの、3次選考で落選。その後研修生となりましたが、今回“敗者復活”の形で、新メンバーに選ばれました。

一学年違いですが、対象的な経歴を歩んできた加賀さんと横山さんの二人。実はハロプロ研修生には、加賀さんのほかにも、3年、4年と長く在籍している高校生以上の研修生たちがいます。ダンスや歌のスキルでは申し分ないものを持っていながらデビューのチャンスになかなか恵まれません。彼女らも今後の進路について思い悩む経験はしたことがあると思いますが、今回の加賀さんの昇格は、こうした研修生たちの心の支えになったと思います。「自分にも可能性がある!もうひと頑張りしてみよう!」というよう気持ちになれたんじゃないでしょうか。

リーダー・譜久村さんをはじめ“研修生”出身メンバーが過半数に

1 2次のページ
日本タレント名鑑の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会