体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

医療・ヘルスケア分野におけるロボット・ブロックチェーンの活用は?「Health2.0 ASIA-JAPAN2016」イベントレポート

Health2.0 ASIA-JAPAN2016開催

今年で2回目を迎える日本会議は「Future is Here:Most Advanced Technologies and Healthcare」というメインテーマのもと、米国、ヨーロッパ、アジアのイノベーターと日本のヘルスケア市場をリードするキープレイヤーが登壇。

最新技術を活かしたソリューション、問題解決に向けたアクション・プラン、コラボレーションなどについて議論する2日間となった。

これから超超高齢化を迎える日本の医療業界は、グローバル勢の参入が難しい一方で、巨大市場として世界から注目される存在だ。

世界のヘルスケア市場に起きている急速な変容と拡大は、日本にどのような影響を与えるのか。カンファレンスの一部をレポートする。

医療現場での活用は?インターフェイスとしてのロボット

ここでは医療現場でのロボットの活用事例が紹介された。株式会社ウィンクルからは、ホログラフィーとして映し出された3Dキャラクターがインターネットや家電など自宅にある様々なモノとつながり、主人とコミュニケーションを行うバーチャルホームロボット「Gatebox」が紹介された。

こちらをプレゼンテーションしたのは、初音ミクの開発者、武地氏だ。ベッドで過ごす時間が多い患者に「Gatebox」をどう活用できるかが議論された。

国立研究開発法人産業技術総合研究所の長谷川氏からは、脳波による意思伝達装置「ニューロコミュニケーター」が紹介された。パーキンソン病などで話すことができない患者にヘッドギアを装着、脳波を読み取りコミュニケーションを向上させるというものだ。患者が脳波で制御するロボットも研究されている。

ヘルスケア分野におけるブロックチェーン最新事情

こちらでは4人のスピーカーが登壇し、ヘルスケア分野におけるブロックチェーンについて議論を行った。ヘルスケア向けのブロックチェーン開発で知られるYouBase、PokitDok、MedableのCEOや技術者から、米国の最新事情が紹介された。

日本とは異なり国民皆保険制度がない米国では、1人ひとりが様々な会社と健康保険の契約を行っている。そのため患者は医療機関を受診するたびに、保険でカバーされる範囲をチェックする必要がある。

そこで米国では患者、医療機関、保険会社、金融機関が複雑に関係する医療費の支払いという側面で、ヘルスケアのブロックチェーンの活用が進んでいる。PokitDokのLisa Maki氏からは、さらにブロックチェーンが生命保険会社や金融(融資)ともつながる新しいサービスも紹介された。

またYou Base のMichael Dillhyon氏は、スマートフォンなどの個人が持つ情報端末とウェアラブルセンサーがいままで不可能だった広範囲、かつ様々な条件での医療データの収集を可能にしたと語り、集めた膨大な医療データの分析と活用は、新薬の開発や治験を通してヘルスケアの未来に寄与する可能性に触れた。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会