体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大晦日も正月も! 全国数十万の基地局を24時間365日見守る”通信の番人”がいた!!

ここは都内某所にあるKDDIの「モバイルオペレーションセンター」。たくさんのディスプレイがずらりと並ぶ様子はさながら映画に出てくるFBIやCIAの本部のようだが、そこではいったいなにが行われているのか? TIME & SPACEが、同センターの一員として勤務する伊藤晶に、その仕事内容について聞いた。

KDDI 運用本部 モバイルオペレーションセンター 伊藤 晶

お客さまにサービスを提供し続けるために

――このセンター内にはずいぶんたくさんのディスプレイがありますが、みなさんどういった作業をしているんですか?

「携帯電話の基地局や固定電話の交換機といったauの通信インフラにトラブルが起きていないかどうか、常時8名のスタッフが24時間365日体制で監視をしています。auの携帯電話の基地局は全国に数十万箇所あり、いまも1日に数十局のペースで増え続けています。基地局がトラブルに見舞われたときはその情報をいち早くキャッチし、サービスを途切れさせないよう、あらゆる対応を図る。それがモバイルオペレーションセンターの役割です」

モバイルオペレーションセンターがキャッチした不具合の情報はすぐさま現場に伝えられ、駆けつけたスタッフが修理や交換などの対応にあたる

――トラブルの原因は主にどういったものですか?

「基地局そのものが故障することもありますし、台風や大雨といった自然災害の影響もあります。また、急な温度変化や、猛暑によって障害が起こることもあります。そういった障害にいち早く対処できるよう、天気予報は常にチェックしていますね」

――トラブルが起きたことをどうやって把握しているんですか?

「すべての基地局には故障を知らせるアラームがついていて、なにかトラブルが発生するとこのモバイルオペレーションセンターに通知が来るようになっています。特に重要度の高いトラブルの場合、『警子ちゃん』が知らせてくれます」

――警子ちゃん!?

「これです。『警子ちゃん』っていいます(笑)」

「これが光りながら警報を鳴らしてセンター内に知らせてくれます。大きなトラブルが発生した場合、その状況をスタッフ全員が共有する必要がありますから」

トラブルに迅速に対応するにはチームワークも大切

――最近、大きなトラブルはありましたか?

「最近でいちばん大きなトラブルは、11月に発生した福岡の道路陥没事故にともなうものです。あの事故では光回線が遮断されたことでauの通信網にも影響が出ました。そのような大きなトラブルの場合、スタッフが一丸となって対応にあたる必要があるので、チームワークがとても大切になります。実際、福岡の件では現地と密に連携を取りながら状況を即座に把握し、他の基地局でカバーするなどして迅速に対応したため、大事には至りませんでした。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会