ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

運動嫌いの人におすすめ、ダイエット効果抜群の呼吸法って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

運動嫌いの人におすすめ、ダイエット効果抜群の呼吸法って?
こんにちは、コラムニストの愛子です! 寒い季節になりましたね。なるべく家から出たくないという方も多いのではないでしょうか。だけど冬は美味しいものがいっぱい。食べてばかりでは太っちゃう……。今回はそんなあなたにおすすめのダイエット方法をご紹介します。

呼吸法の効果って?

普段何気なく、当然のように行っている呼吸ですが、意識的に深い呼吸を行うことで、様々なダイエット効果や健康効果を得ることが期待できます!運動がニガテな方は、まず呼吸法からはじめてみるといいのではないでしょうか。

《呼吸法の効果》
・全身の血行が促進される。

・呼吸筋や腹筋の衰えによって起こる内臓下垂を防ぎ、ポッコリお腹の予防・改善などにつながる。

・体のすみずみまで酸素が行き渡るので、代謝が高まったり、老廃物を排出したり、冷え性改善効果が期待できる。

・胸部と腹部の筋肉を使うため、周りの温度が上がり、内臓脂肪が分解されやすくなる。

・ゆっくり深く呼吸することで、交感神経と副交感神経をバランス良く刺激し、気持ちを安定させる。

代謝が高まるイメージ

色んな呼吸法

ヨガなどをされている方はご存知かと思いますが、呼吸法には様々な種類があります。今回は、代表的な2つの呼吸法とそれぞれの効果をご紹介します。

どの呼吸法も、あぐらの状態で背筋を伸ばし、リラックスして行いましょう。

1)胸式呼吸
胸を膨らませるように鼻から息を吸い込みます。吐くときは自然に上がった胸部が下がります。肋骨を動かすことで肺を圧迫し、空気を入れたり出したりするのが胸式呼吸の仕組みです。交感神経が優位になり、やる気が出たりリフレッシュ効果が期待できます。

2)腹式呼吸
肋骨を動かさず、お腹が膨らむように鼻から空気を取り込みます。広がった肺に押され横隔膜が下がり、下がった横隔膜に押されてお腹が膨らむのが腹式呼吸の仕組みです。吐くときは、お腹をへこませながら息をゆっくり吐ききりましょう。副交感神経が優位になるのでリラックス効果が高く、内臓のマッサージや冷え改善にもつながります。

呼吸法のイメージ

まとめ

ヨガやピラティスなどと一緒に行うとさらに効果的ではありますが、あぐらをかいて呼吸のみ行っても効果は期待できます。運動がニガテな方はぜひ呼吸法だけでも行ってみてください!

時間は無理のない範囲でかまいません。まずは5~10分程度からはじめてみてはいかがでしょう? 呼吸法を続けることで、血流が良くなり、体のすみずみまで新鮮な空気が行き渡り、痩せやすい体質へ変化していきます。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

「姿勢・代謝・冷え」を一掃!肩甲骨ケアもできるストレッチメニューが『痩せ』に効く
風邪をひくと太るの!?ダイエット中の体調管理法
捨てる?捨てない?服・靴・アクセサリーの捨て方のコツ
朝食を食べて「痩せスイッチ」をON!
恋愛力アップ食材3つで、寂しいクリスマスから脱却!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。