体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真珠の粉入り! 1本 6,500円の超高級食パンに迫る【兵庫・姫路】

f:id:uralatokyo:20160801000731j:plain

美味しさを追求したらこうなった

世の中に高級と呼ばれるものは数多くあれど、食パンでここまで高級と名の付くほど値段がするものは、おそらくこれだけではないでしょうか。

兵庫県姫路市にある「レトワブール(Les 3 boules)」の「高級XO食パン」はなんと、1本 6,500円!

毎週木曜日のみの販売で、1日に10本しか販売しない限定のパンです。1本の量は2斤分になりますが、一般的なパン屋さんの食パンが300~500円程度と考えるとかなり高価。「6,500円もする高級食パンを食べてみたい」という衝動にかられて、予約して姫路まで足を運びました。

場所は、JR姫路駅からさらに山陽電気鉄道本線に乗って2駅の亀山駅。周囲は田園風景が広がるのどかな場所です。駅から歩いて5分ほどのところに、今回目指す「レトワブール」を発見しました。こんなところと言っては失礼ですが、それぐらい都会とはほど遠い風景の中にお店はあります。

f:id:uralatokyo:20160801000730j:plain

オーナーによると「美味しいパンを追求したらこうなった」という「高級XO食パン」。2,000円~3,000円ぐらいの食パンは時々見かけますが、さらに上をいく食パンを作ろうと思ったそうです。

試行錯誤の末できあがったこだわりの食パンを、食通たちに食べてもらったところ「これは売らなきゃダメだ!」との言葉を得て、販売に至ったというのが経緯だとか。

f:id:Meshi2_IB:20161209173557j:plain

箱も袋も、「高級XO食パン」用の特別仕様のものです。この特別感がまさに高級感!

パン1本に真珠が3グラム入っている!

「最高級の食パンを作りたい」との思いから、すべての素材にこだわり、仕込みは焼く前までに3日間かけるほどの気の入れよう。高級食パンの生地のベースになる小麦粉は、国産小麦も含めて何種類もの小麦粉の中から厳選した上、たどり着いたのはフランス産の小麦粉。他の素材との相性が良く、味が一番美味しいと感じて、この食パンにふさわしいと判断したのだとか。

バターは、デンマークで100年以上の歴史を誇る、ルアーパックの発酵バター。卵は、契約農家の奥丹波地卵。なかでも生後180日までに育った若鶏の生んだ希少な地養卵を使っています。ほかにも蒜山ジャージー牛乳プレミアム、ゲランドの塩、本和香糖など、使用する食材はすべて一流のもの。

さらに、秘密はそれだけではありません!

「高級XO食パン」は、1本に3グラムの真珠の粉が含まれているんです。真珠を入れようと思ったのは、美容のためにクレオパトラや楊貴妃をはじめ、セレブが愛用していると聞いたから。1回の食事で0.3gの真珠の粉を食べればいいということを知り、5枚切り2斤分で3gを入れることに決めたそうです。

オーナーは「真珠の粉は女性にウケる思いました。でも、食べてわかる風味ではないです」と仰っていますが、真珠の粉が含まれているというだけで肌にいいような感じがしてしまいます。6,500円という値段設定から、さぞかし真珠の粉は高価なのでは? と思い、3gでどれぐらいの金額なのかをお聞きしたのですが、「企業秘密で!」とのお答えでした。

その高級感が気に入って、何度もリピートされるお客さんも多いそうです。また、糖度も普通の食パンよりも4割程度少なくしているため、健康を気遣う人にうれしい配慮がされています。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。