ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「姿勢・代謝・冷え」を一掃!肩甲骨ケアもできるストレッチメニューが『痩せ』に効く

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

全身の滞りを一掃!肩甲骨ケアもできるストレッチメニューが痩せに効く!
肩甲骨周りは、「姿勢・代謝・冷え」を一気に改善することのできる女神スポット!女性の贅肉がつきやすい部位が近いので、肩甲骨ケアを兼ねた<痩せストレッチ>をご紹介します♡

《本当に痩せに効く?》肩甲骨ってなぜ注目されるのか?

「天使の羽」という別名がある通り、肩甲骨は本来可動域の広く自由に動くものであり、それだけ多くの筋肉とも連動しています。

また、首下から肩甲骨周りには褐色脂肪細胞(代謝を高め、脂肪を燃焼する細胞)が多く存在しています。肩甲骨周りを動かすのはもちろん、肩甲骨を動かすことによって背面全体のストレッチ効果が増し、日々の活動量が増え、ダイエット効果・肩こり解消に直結します。

肩甲骨のイメージ

《肩甲骨が固まる》痛み・病気・障害

首から背中上部のほとんどを肩甲骨の動きが司っています。よって肩甲骨を動かす=両手を左右・前後・上下に大きく動かすことで、背中全体の筋肉活動へとつながり血行も高まります。

 ・パソコン中心で腕全体を動かさない生活
 ・家事/育児は基本的に荷重負担を背中で受け止める
 ・悪い姿勢により頭の重みが背中へ伝わる

上記3つは現代人であれば、何かしら思い当たる節はあると思います。「肩が凝る」、「偏頭痛」、「腰が慢性的に痛む」また、血行不良による「眼精疲労」、「睡眠障害」も肩甲骨の稼働不足の起因となることも多いのです。

《毎朝の習慣に!》脇&肩甲骨ストレッチは痩せ+美肌効果大!

「肩甲骨+肌艶が良くなる脇リンパストレッチ」で健康・美容効果で女性らしい習慣をつくります♡


1.つかまることができる所で両手を肩幅よりやや広めに広げ、背筋が伸びるとろこまで下がります
2.1回ゆっくり深呼吸するたび、肩甲骨を広げその間へ胸を落とす様にストレッチ

▼NG 背中が縮まる / 膝が曲がる

《冷えとり》ふくらはぎ健康法

上半身の血行が高まったら、むくみやすいふくらはぎケアにも恩恵を!


1.両足のかかとをできる限り高い位置まで上げる
2.片足降りたら1を通り、反対の足を下ろす、左右1セットで10セット繰り返す

上半身も下半身もポカポカな笑顔で1日をお楽しみください♪

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

風邪をひくと太るの!?ダイエット中の体調管理法
捨てる?捨てない?服・靴・アクセサリーの捨て方のコツ
朝食を食べて「痩せスイッチ」をON!
恋愛力アップ食材3つで、寂しいクリスマスから脱却!?
頻繁に会わぬべし!?「付き合い始め」で気をつけること3つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。