ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

息子を連れてはじめての新幹線。絵本、おもちゃ作戦に失敗し、最終的に良かったのは…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160423113207j:plain

1歳11カ月の息子と2人で新幹線に乗ることになりました。

90分ほどの2人旅です。

長い時間おとなしく座っていられるはずもない息子。

昼寝をしない日も多くなってきていたので、車内でどう過ごさせるのかが最大の悩み。

とにかく、おもちゃを色々持って行くことにしました。

駅で新幹線を待つときから興奮気味だった息子は、座席につくと窓から外を真剣に眺めていました。

出発すると何度も「早いね」とくり返し、車窓の風景を楽しんでいるようです。

しかし、しばらくすると飽きたのか、座席に座り直して足をぶらぶらさせ始めました。

ぐずる前に、おもちゃを出すことに。

まずは、かばんから絵本を取り出しました。

お気に入りの絵本を見て、大喜びの息子。

何度も何度も同じ絵本を読まされました。

それでも、さすがに1つの絵本で時間をつぶせるはずはありません。

「もう1つの絵本読んで」

息子は違う絵本を読むことを要求してきました。

厳選した息子のお気に入りを1冊だけ持ってきていた私。

「ごめんね、これしかないの」

謝ったのですが、他の絵本を期待していた息子はご機嫌ななめに。

「いやだ!もう1つ読んで!」

とうとうぐずり始めました。 関連記事:子連れ旅行、最大の懸念はフライト中。機内サービスや育児グッズを駆使して乗り切る!

本当は、このあとは折り紙を出すつもりだったのですが、予定を変更。

魚釣りのマグネットブックで遊ぶことにしました。

二つ折りになっている本を広げると、見開きで海の絵柄。

セットになっている釣りざおの糸の先端にある磁石で、マグネットの魚を釣り上げるおもちゃです。

音が出ないので、公共機関での移動中に遊ばせるのに便利と、ネットの評価が高かったものでした。

「じゃあ次は、これ!魚釣りができる本なの」

マグネットブックを取り出すと、息子は興味津々。

「やりたい!」

あっという間に機嫌を直してくれました。

助かった・・・。

あのまま泣かれたら、大変なところでした。

ところが私の喜びは、数分後には消滅したのです。

釣りざおで魚を捕まえた息子は、「見て、見て!」と、釣りざおを振り回しました。

糸の先端の磁石でくっついているだけの魚は、見事に飛んで行きました。

そして、通路を挟んだ隣の席に座る、知らない人の足もとへ。

幸い隣の座席は親切な方で、落ちた魚に気づいてすぐに拾ってくれましたが、完全に想定外の展開。

そしてさらなる問題は息子。

魚が飛んで行ったのがおもしろかったらしく、また飛ばそうとしています。

まだ息子には早かったかも・・・。

慌てて、魚釣りのマグネットブックを撤収しました。

せっかくおもしろい遊びを見つけたのに、取り上げられた息子は不機嫌に。

他に残っているおもちゃは折り紙だけです。

私が折るのを息子が待っていられる状態でないのは明確。

何とかして気分転換させないと、周りに迷惑をかけてしまいます。

少し悩んだところで、息子を連れて“新幹線の探検”に出ることにしました。

前の車両から後ろの車両まで静かに歩くだけなのですが、“探検”の言葉が息子の心をわしづかみ。

もう他におもしろい遊びも思いつかなかったため、通路を歩くだけの“探検”で車両を2度ほど往復。

何とか時間を過ごしました。

ようやく降車駅のアナウンスが入ったときには、私はぐったり。

長~く感じた90分でした。

その頃じっとしていられなかった息子も、今では成長し1時間くらいは電車でおとなしく座っていられるようになりました。

「電車では静かにするんだよね」と、自分の口に指を当て、「しーっ」と言っています。

今なら、魚釣りのマグネットブックも安心して遊ばせられそうです。 関連記事:動きたい盛りの娘、正月帰省の移動が不安…。そんな時のキラーアイテムはシール!

著者:シュガーバイン

年齢:30代

子どもの年齢:3歳

元気いっぱいの息子に、毎日振り回されつつ子育て中。「ママ、好き!」の言葉で、今日のイライラも疲れも吹き飛びます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

お子様歓迎のレストランでも安心できない!? 失敗を通して得た赤ちゃん連れ旅行の教訓
初孫お披露目のため初フライト!
初めてのお泊り旅行

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。