体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ジャンボ茶碗蒸し】あの味がアツアツのまま食べ放題! オカン直伝の「土鍋ジャンボ茶わん蒸し」を作る

f:id:Meshi2_IB:20161219152950j:plain

クリスマスのお楽しみと言えば、ケーキですよね。しかし実は私、子供の頃ケーキが好きではなく、クリスマスの時もケーキを食べない子どもでした。そんな私がクリスマスケーキ代わりによく食べていたものが、母親が土鍋で作ってくれた「ジャンボ茶わん蒸し」。大好きな銀杏をいちご代わりにたっぷり入れた、大きな大きな茶わん蒸しです。

これこそ幼少時の私の、とっておきのクリスマススイーツ(!?)だったわけです。

あれから30年の時が経ち、あえて今年のクリスマスは、この「ジャンボ茶わん蒸し」を迎えたいと一念発起。ケーキ代わりにペロリと食べたいと思います。

とはいえ、その作り方なんてハッキリ言ってうろ覚えです。そこで、埼玉の実家にいる母と電話をしながら実況中継な形で作っていくことにしました。

f:id:Meshi2_IB:20161219152939j:plain

まずは具材の準備です。母の言う通りに準備したところ、鶏ササミ、小エビ、かまぼこ、銀杏というラインナップに。

母からの助言としては、「とにかく買ってきたものをチマチマ計量せずに全部使え」とのこと。

どう考えてもおおざっぱすぎるだろ! しかし、おおざっぱだろうがこれが私の求める「ジャンボ茶わん蒸し」の正当なレシピなので文句は言えません。

オカン仕立ての「ジャンボ茶わん蒸し」のレシピ

f:id:Meshi2_IB:20161219152940j:plain

出汁は干しシイタケでとるのが我が家流らしいです。

700ccの水でじっくり6時間ほどかけて戻しました。

なぜ干しシイタケなのか聞いてみたところ「あんたは子どもの頃、シイタケが異常なほど好きな子だったので、うちの料理の出汁は基本ぜんぶ干しシイタケなんだよね」という回答が。

あくまでも、私が好きだった茶わん蒸しのレシピなので味付けに偏りがあることはご容赦ください。シイタケにそんなに思い入れがない場合は、和風の顆粒出汁を使ってください。

f:id:Meshi2_IB:20161219152941j:plain

シイタケを戻している最中に「ごめん! 昆布でも出汁とってたわ」と、衝撃のひと言。慌てて昆布を一切れシイタケと一緒に戻しました。

f:id:Meshi2_IB:20161219152942j:plain

今回、卵は7個使いました。なぜ7個なのか?

母に確認したところ「たぶん……7個くらいだったような気がする」というとんでもない曖昧な返答をされました。本当に信用していいのか?

1分ほど自問自答しましたが、やっぱりオリジナルレシピこそが正義。ここはおとなしく従うことにします。

f:id:Meshi2_IB:20161219152943j:plain

卵をよ~く溶きほぐします。

白身と黄身がキレイに一体化して、なめらかになるように混ぜます。卵は泡立ってしまわないように注意。

f:id:Meshi2_IB:20161219152944j:plain

さて、ここでようやく土鍋が登場!

具材をなんとなく並べます。銀杏の量が明らかにおかしい気がしますが、これはイチゴの代わりです。たくさんある方がうれしいのです。

母は、「あんたは本当に銀杏が好きで……お小遣いで買った殻付きの銀杏を炒って食べるくらい好きで……ほんと変わった大人になると思っていたけど、まさかライターなんかになるなんて……」と、懐かしそうに自分の子育てを振り返っていました。なんとなく、後悔の念をうかがうことができました。普通にお嫁さんとかになって欲しかったんでしょうね。

f:id:Meshi2_IB:20161219152945j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。