ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

冬はきりたんぽの季節。新米も出たし、きりたんぽ鍋(家バージョン)を食べようぜ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:uralatokyo:20161108123824j:plain

新米の出回る季節になりました。新米のおいしさをみなさん、味わっていますか? 秋田県人の私は、当たり前に家できりたんぽ鍋を作って食べます。月に2回くらいは晩ご飯がきりたんぽ鍋っていう日があります。

早速、今年もおいしい新米が出回っておりますので、友達と鍋をすることに。

鍋は材料を切ったら入れればいいだけ。楽ちんで大好きです。

大勢人が集まるなら、秋から冬はきりたんぽ鍋がおすすめ。

f:id:Meshi2_IB:20161214095433j:plain

まずは、きりたんぽから。

f:id:uralatokyo:20161108104150j:plain

きりたんぽは、斜めにして包丁で切ります。

f:id:uralatokyo:20161108104133j:plain

セリの根を食べるのが秋田流。しっかり洗って鍋に入れます。白い根っこ、おいしいですよ。

f:id:uralatokyo:20161108104202j:plain

写真のセリの根は短い方で、有名な三関のせり(秋田県湯沢市)は、美しい白い根っこが長く伸びています。秋田の人でも「きりたんぽ鍋のせりは三関のでねばダメだ!」というこだわり派もいます。

ザクザクと切っていきます。根っこは捨てないでね。食べるんだよ

f:id:uralatokyo:20161108104141j:plain

とにかく材料を切りまくる!

f:id:uralatokyo:20161108104117j:plain

モツも。お好みで入れてください。我が家は必ず入れる派です。

f:id:uralatokyo:20161108104321j:plain

五穀味鶏モモスライス。比内地鶏が手に入る方は、ぜひゲットしてください。ちょっと高くて取扱いが少ないかもしれませんが、おいしさ倍増です。

f:id:uralatokyo:20161108122029j:plain

じゃーん。準備万端!

ごぼう、マイタケ、せり、糸こんにゃく、ねぎ、鳥肉、モツ、きりたんぽ、だまこもち。

f:id:Meshi2_IB:20161214095810j:plain

比内地鶏のスープもいろいろあります。ストレートで使うものや、濃厚なスープを薄めて使うものなどさまざま。

f:id:uralatokyo:20161108103826j:plain

今回は鶏ガラでダシをとって作ってみました。

f:id:uralatokyo:20161108104236j:plain

なので、比内地鶏スープの原液は、鶏ガラスープで薄めて味を調えてみました。スープが温かくなったら、ごぼうなど、火の通りづらいものからどんどん入れていきます。

f:id:uralatokyo:20161108123720j:plain

ごぼう、お肉……順番に入れていきます。

f:id:uralatokyo:20161108104244j:plain

我が家では、だまこもち(まるいやつ)も一緒に入れて作ります。

写真のだまこもちは買ってきたものですが、新米がとれると、家でご飯を炊いて、潰して(この潰す行為を、秋田では「ご飯を半殺しにする」という)、片栗粉を少々いれて、手でまるめて作ります。

半殺し…というのは、ご飯感(米粒感)を半分残すという意味があるので、お餅のようにご飯粒が分からないような状態までは潰さないでね、ということです。

f:id:uralatokyo:20161108123746j:plain

ちょっと器が小さかったか、詰めすぎたか。でも2〜3杯はペロッといけますよ。

煮込みすぎた感じが好きなので、お店のきりたんぽ鍋よりもクターっとしています。

味は…といいますと、新米と比内地鶏のスープって本当にテッパンです。おいしく3杯いただきました。この食べ方を生みだした人は天才だ!と思う。ナイス郷土料理です。

f:id:uralatokyo:20161108123754j:plain

比内地鶏のスープがきりたんぽにしみて、グダグダしてきたこの状態が最高においしい!

翌日の朝食きりたんぽ鍋もいい感じですので、ぜひ多めに作ることをおすすめします。

お店で食べるオサレなきりたんぽ鍋とは違う、ちょっとグチャっとしている「家メシ」のきりたんぽ鍋が私は大好き。

あ〜。はらっつぇ〜(秋田弁・おなかいっぱい)!

書いた人:Team Clover Plus

クローバープラス

主に秋田の食ネタ、農業ネタ、食材ネタなどを発信している秋田県の企画編集プロダクション。3名のライターが所属しており、秋田県内・東北エリアを走りまわって取材している。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【秋田発】枝豆は10月も旬! 産地ならではのレシピお届け【出荷日本一達成!】
【秋田のいぶりがっこ】チーズだけじゃない! 普段のメニューと組み合わせるとイイコトあるある
この鍋を食べずして冬を終わらすな! 「秋田だまこ鍋」のつくりかた教えます 

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。