体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「だまし絵」が脳トレに 錯視の第一人者が教える「脳への刺激の与え方」

「だまし絵」が脳トレに 錯視の第一人者が教える「脳への刺激の与え方」

「なぜ錯覚を見ることが脳に刺激を与えるのか?」

「人はなぜ錯覚をおこすのか?」

このテーマでお話をしていただいているのが日本女子大学人間社会学部心理学科の教授・竹内龍人さんだ。

竹内さんは錯視の第一人者として、これまで数々の錯視やだまし絵をテーマにした書籍を出版。だまし絵を脳トレにした新刊『毎日[だまし絵]で脳トレ』(扶桑社刊)が書店に並んだばかりである。

インタビュー後半では、「見方や視点を切り替える」ことの重要性について語ってもらった。この本には、竹内さんの「だまし絵」脳トレのヒントに「切り替える」という言葉が出てくる。それは一体どういうことなのか?

■「見方を変える」とは、考えて別の「解釈」を探ること

――インタビュー前半で「視点を切り替えることが脳トレになる」というお話をされていました。「だまし絵」のクイズを解くヒントの部分にも「見方や視点を変えて」と書かれていましたが、実際にやってみても、切り替えがなかなかできないこともありました。それはなぜなのでしょうか。

竹内:無意識による思い込みをしているということなんですよね。このような図形があるとしましょう。何に見えますか?


画像が表示されない方はこちらから

――○(円)と□(長方形)が重なりあっているように見えます。

竹内:そう見えますか? では、これをバラしたときに、正方形だと思っていた図形が実は一部分だけ欠けていて、そこに円がぴったりはまっていたとすればどうでしょうか?

――最初に重なり合った図形を見たときに、こうなっているとは想像できませんでした…。

竹内:多くの錯覚は、私たちがある一つの「解釈」にこだわってしまうから起きているのです。ですから、その「解釈」をあえて崩して切り替えてみてみることが「視点を切り替える」ということなんです。

――「解釈」の幅を広げるということですね。

竹内:そうです。普段はいつものように「解釈」していてもいいんですよ。余計なことを考えて脳のリソースを使う必要はありません。

ただ、機械的に処理してリソースをずっと使わないというのも問題です。だから、思い込みから抜け出すだまし絵は脳トレのようなところがあるんです。

――『毎日[だまし絵]で脳トレ』の中に、ある一枚の絵の中に何かが隠れているというクイズが出てきますが、視点を切り替えて別の見方をすることを意識しないとわかりませんね。

竹内:いつもと同じように見るのではなく、絵を近づけたり、遠ざけたりしたり、注目する部分を変えたりしながら見なければ、何が隠されているのかは分からないと思います。

思い込みから抜け出して、違う見方をしてみようとする。それが脳の処理能力に結びついていくということなのだろうと思います。

――まさに「だまし絵」はリアルな脳トレとも言えます。こうした錯覚は普段の生活でも気づけるものなのでしょうか?

竹内:例えば、縦縞のほうが横縞よりも長く見えるというのも錯覚です。ファッションやデザインの分野では応用されていることが多いですね。錯覚って特殊なものだと思いがちですけれど、そうではないんです。

――「だまし絵」は毎日見るべきですか?

竹内:刺激は強すぎても良くないし、弱すぎても意味がないので、適度に楽しみながらやっていくことが大事だと思います。本書では1日2問という構成にしていますので、これを毎日コンスタントに続けていくことで「視点の切り替え」の意識は身に付いていくと思います。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。