ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

過去最大の総勢16人出演による「12月24日のドレスコーズ」大団円、5thアルバムは3月発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
過去最大の総勢16人出演による「12月24日のドレスコーズ」大団円、5thアルバムは3月発売

Photo by 森好弘
ドレスコーズが、東京・恵比寿The Garden Hallにて「12月24日のドレスコーズ」を開催した。

「12月24日のドレスコーズ」ライブ写真

ライブは、栗本ヒロコ、菅 大智、有島コレスケ、長谷川智樹といった、これまでのドレスコーズ参加メンバーに加え、CHIE(LEARNERS)や、ナガイケジョー(SCOOBIE DO)もサポートに駆けつけ、総勢16人のドレスコーズ史上過去最大出演人数の“ドレスコーズ クラシック”で繰り広げられた。

ライブは3部のブロックで構成でされ、ストリングスやパーカッションを加えた大編成ドレスコーズによる「Opening(Silent Night)〜序曲(冬の朝)」で第1部がスタートした。

続いて、トランペット、トロンボーン、サックスも加わり〈ドレスコーズ クラシック〉と称した賑やかなメンバーで「恋するロデオ」「Lily」と会場を包んでいく。途中、志磨のハーモニカ演奏が始まると、ドレスコーズのデビューシングル曲「Trash」を、この日の為にクラシックアレンジした「新Trash」として披露される。

志磨は、「皆さん、今年はどんな年でしたでしょうか?最悪な一年だったとしても私が蹴りをつけてあげよう!」とオーディエンスに宣言した後、「あん・はっぴいえんど」「贅沢とユーモア」「みなさん、さようなら」といったアップテンポナンバーで会場を揺らし、『弦楽四重奏曲第9番ホ長調「東京」』で第1部を終えた。

第2部は、新曲で構成。ベースにナガイケジョー、ギターに有島コレスケが登場し、新曲「common式」「エゴサーチ・アンド・デストロイ」が初披露された。志磨から「アルバムが3月1日にでます。物凄いものを作ってしまった。僕は今、燃えています。」とアナウンス。披露された2曲は、シングル曲「人間ビデオ」と共に5thアルバムに収録され、来年3月1日に発売されることが明らかとなった。

第3部は、「Sleigh Ride」「Jingle Bells」のカバーをビッグバンドアレンジで披露。軽快なクリスマスナンバーで会場はさらにヒートアップ。「愛のテーマ」では再びストリングも加わり、アンコールは、志磨から「すべての幸せを祈って、この歌で終わります」と毛皮のマリーズが最後に発表した楽曲「クリスマス・グリーティング」を披露。会場を大きな愛で包み、全15曲のライブは大団円で幕を閉じた。

この日の公演「12月24日のドレスコーズ」は、5thアルバムの初回限定盤DVDに映像として収録され、タワーレコード、HMV、TSUTAYA、Amazonでは、法人特典としてライブCDとして配布されることが決定した。ライブ音源は各法人別に異なった楽曲が収録される。

「12月24日のドレスコーズ」セットリスト
第1部
1.Opening(Silent Night)〜序曲(冬の朝)
2.恋するロデオ
3.Lily
4.新Trash
5.ダンデライオン
6.あん・はっぴいえんど
7.贅沢とユーモア
8.みなさん、さようなら
9.弦楽四重奏曲第9番ホ長調「東京」
第2部
10.common式 ※初披露新曲 5th Albumに収録
11.エゴサーチ・アンド・デストロイ ※初披露新曲 5th Albumに収録
第3部
12.Sleigh Ride
13.Jingle Bells
14.愛のテーマ
ENCORE
15.クリスマス・グリーティング

リリース情報
5thアルバム「(タイトル未定)」
2017年3月1日(水)発売
初回限定盤(CD+DVD)KICS-93476 6,800円+税
通常盤(CD+DVD)KIZC-374 3,500円+税

関連リンク

ドレスコーズ Official Websitehttp://dresscodes.jp/
ドレスコーズ EVIL LINE RECORDS Websitehttp://www.evilline.com/thedresscodes/

過去最大の総勢16人出演による「12月24日のドレスコーズ」大団円、5thアルバムは3月発売(2/2)

「12月24日のドレスコーズ」ライブ写真 Photo by 古渓一道

「12月24日のドレスコーズ」ライブ写真 Photo by 森好弘

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。