体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無料で楽しめてSNS映えも!シンガポールの無料おすすめ観光スポット8選

東南アジアのなかでは物価の高いシンガポールですが、意外にも無料で楽しめる観光スポットが充実しています。シンガポールでおすすめの無料観光スポット8つをご紹介しましょう。

ワンダー・フル

無料でこんなに楽しめる!シンガポールの無料おすすめ観光スポット8選
(C) Haruna Akamatsu

「ワンダー・フル」とは、たちまちシンガポールの新アイコンとなった高級ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」で開催される、水と音と光のショー。マリーナ・ベイ・サンズの敷地内のイベントプラザで、毎晩20:00と21:30から上演されます(金土は23:00からも上演あり)。

噴水をスクリーンとして映像が映し出され、音楽や光線、炎がそれを盛り上げるショーは迫力満点。「これを毎日無料で開催しているなんてすごい!」と、エンタメシティ・シンガポールの底力を見たような気になるはずです。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

無料でこんなに楽しめる!シンガポールの無料おすすめ観光スポット8選
マリーナ・ベイ・サンズからブリッジでつながっている「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」は近未来的植物園。広大な敷地内に、庭園や巨大なオブジェなどが点在するシンガポールの今を象徴するスポットです。本物の植物が茂る庭に人工のスーパーツリーがそびえ立つ光景は、まるでSFの世界のよう。

クラウドフォレストやフラワードームといった施設への入場は有料ですが、ガーデンでの散策を楽しむだけなら入場は無料。毎晩19:45と20:45に開催されるスーパーツリーの音と光のショーは、神秘的な光景に圧倒されます。ショーの鑑賞も無料なので、滞在中一度はショーの時間に合わせて訪れてみてください。

ラッフルズ・ホテル

無料でこんなに楽しめる!シンガポールの無料おすすめ観光スポット8選
(C) Haruna Akamatsu

シンガポールを代表する名門ホテルといえば、なんといってもラッフルズ。宿泊や館内の飲食店の利用はもちろん有料ですが、敷地内に入って見学するだけなら無料。アーケードを歩いたり、ドアマンと記念撮影をしたりするだけでも、コロニアルホテルの優雅な雰囲気が味わえます。

ショップが連なるラッフルズ・ホテル・アーケードには、「ラッフルズ・ギフトショップ」があり、ラッフルズオリジナルのお土産が手に入ります。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい

【ここで買える!】シンガポールのお土産〜おいしくて可愛いおすすめ紅茶3選〜
【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第10回シンガポール編」
驚愕の100円台! 世界で一番安い1つ星ミシュランは「シンガポールの屋台」

サルタン・モスク

無料でこんなに楽しめる!シンガポールの無料おすすめ観光スポット8選
イスラムの香り漂うアラブ・ストリートのシンボルが、シンガポールで最古かつ最大のモスクである「サルタン・モスク」。黄金に輝くドームが青空に映えます。

信者用の祈祷ホールには立ち入れませんが、廊下からホール内を見学することができます。信者たちが捧げる真摯な祈りが荘厳な雰囲気をつくりあげていることを感じることができるでしょう。

サルタン・モスクを見学した後は、近年おしゃれな雑貨ショップやバーがオープンし、トレンドスポットとして注目されている通り「ハジ・レーン」の散策を楽しんで。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。