体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「おっさんレンタル」に直撃!相談歴1万人以上のおっさんに、働く人の「リアルな悩み」を聞いた

f:id:kensukesuzuki:20161220205829j:plain

こんにちは!師走で修羅道に拍車がかかっている、修羅ガールです。皆様、無事ですか?

本年度の振り返りとともに、今年・もしくは現在の悩みを来年に持ち越したくない、もしくは来年こそ何とかしたい!と感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで私、修羅ガールが、巷でお悩み相談の救世主と話題の「おっさんレンタル」代表の西本貴信氏をレンタルし、働く人のリアルな悩みとは一体何なのかヒアリングしてみました。さらに私のガチ相談にも乗ってもらい使用感を徹底調査!

実際に1万人以上の「リアルな悩み」を聞き続けたおっさんが語る、「本当の働く人の悩みとそのリアル」とは?悩んでいるそこのあなた、要チェックですよ~!

【解説】おっさんレンタルとは:1時間1,000円でおっさんをレンタル出来るサービス。厳格な登録基準をクリアしたおっさんのみがレンタル登録を出来るようになっている。社会的に地位のある人も多く在籍していて、いかがわしいどころか大真面目なお悩み相談サービスとして、今とても話題になっている。

現代人は「人目を」気にしすぎ?「働く人のリアルな悩み」とは

f:id:kensukesuzuki:20161220205943j:plain

※自転車で颯爽と現れた西野氏

修羅ガール:早速ですが、相談者の人数と、どんな依頼が多いのかを教えてください。

西本氏:2013年からたった1人でレンタルを始めましたが(※現在のおっさん登録数は70人)、2016年現在で1万人くらいの人にレンタルされてきました。依頼内容は「悩み相談」がダントツです。人の性格は十人十色というけれども、悩みには共通項があって、「愛」に関することが多いですね。もう少し分かりやすくいうと、「人に必要とされたい」とか、「自分の存在価値に疑問をもつ」などです。私は、これらの総称を「愛」としていますが、現代の人は、みんな一種の寂しさを感じているような気がします。それに、人目を気にしすぎて、本当の悩みを言ったり、自分をさらけ出したりすることに不器用になっているというか。

修羅ガール:その中でも、働く人の悩みや相談者の割合ってどんなものですか?

西本氏:年齢でいうと20代後半~30代後半の人がレンタルしてくることが多いです。その中でも女性が半数以上ですね。全体でいうと、30%くらいが「おっさんレンタルってなんだ?」という興味本位で来る人で、残り70%は、悩み相談や前回相談した悩みの進捗報告だったりします。「会社に求められていないような気がする」「自分のやりたいことではないのではないか」という、会社に必要とされたい思い、会社の人間関係のもつれ、天職は他にあるのではないか?、といった悩みが多いです。プライベート面では「自分はせっせと働いて帰ってきているけど、家族からはATMとしか見られていなくて寂しい」といった話や、「忙しくて彼氏・彼女と会う時間がない」なども多いですね。

修羅ガール:基本は話を聞くスタイルですか?何かアドバイスをしたりもしますか?

西本氏:聞くことに徹する場合も多いですが、アドバイスもしますね。それこそ、「おっさんパワー」が発揮される部分でもあります。おっさんレンタルに登録している会員や私もそうですが、妻子がいる人も少なくないし、相談者より年齢を重ねている分、経験豊富なんですよね。(※おっさんレンタルへの入会条件は33歳以上からで、最近は60代の採用に力を入れている)だから、自分より若い人の悩みに対して、「冷静にこうなんじゃないかな」というのが、ある意味しっかり言える人でもあるワケなので、自然とそうなっているのかもしれないですね。

悩みを第三者に打ち明けると、何かが変わる!?

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。