ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ゴールドコーストへ訪れた記念に!ローカルおすすめの旬のお土産22選!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ゴールドコーストへ訪れた記念に!ローカルおすすめの旬のお土産22選!

Photo credit: Andrew via flickr cc

こんにちは。Compathy MagazineライターのIsmyです。ゴールドコーストは、オーストラリアはクイーンズランド州南東部にある都市で、ロングビーチや観光保養地が有名です。海外旅行の際、”お土産選びのために時間やお金を使うのはもったいない”、”お土産選びで観光地を巡る時間が削られて旅行が楽しめない”、とお考えの方もいらっしゃると思います。しかし、現地でしか手に入らないけれど日本で人気の良質で安価なお土産もあるのです。

旅行の写真をとるだけではなく、新婚旅行や学生旅行など特別な旅行でも楽しめるような素敵な商品をご紹介します。オーストラリアを訪れたお土産としては、ティムタムやチーズ、ドライフルーツやコアラのクッキー、チョコレートなどが、衣類では、羊などの革製品(シープスキン)、美容・健康分野ではオーガニックやオイル、その他、コアラやカンガルーのグッズが定番商品です。今回は、ゴールドコーストで人気の高いおすすめお土産をランキング形式で紹介していきます。

ゴールドコーストのおすすめお土産ランキング22選

1. ティムタム:人気チョコレート! 色んな種類の味を楽しもう

ティムタムはアーノッツ社から販売されているチョコレートバー。甘さがほど良く、サクッとした歯ごたえが人気です。味もオリジナルのほか、ホワイト、レーズン、はちみつ、ミント、ダーク、キャラメルと色々揃っているのも人気の理由です。お値段は、1.99~3.2豪ドル。

2. コアラやカンガルーのぬいぐるみ:小さな子どもへのプレゼントに! 

Photo credit: Matthew Paul Argall via flickr cc

縫製がしっかりしたオーストラリア製のぬいぐるみは、大手のショッピングセンターや免税店で購入することが可能です。コアラ・カンガルー・ウォンバットなど種類も豊富です。

3. ベロッカ:美容や健康のためのビタミン補給

Photo credit: Mike Mozart via flickr cc

ベロッカはマルチビタミン剤で、オレンジ色のタブレットを水に溶かして飲みます。味はオレンジ・いちご・トロピカルの3種類、スーパーで手に入ります。オーストラリアでは、質の良いオーガニック製品やエッセンシャルオイルが日本で買うより安く入手できます。種類も豊富で、美容や健康に気を遣っているオーストラリアだからこそ気軽に購入できるのかもしれません。

4. ミントスライス:オーストラリア産の天然ミルクとピュアミントオイルを使用

アーノッツ社のチョコビスケット。円柱のバーを輪切りにしたようなコイン形で、原料には、アーノッツ社自慢の上質のココアやオーストラリア産天然乳製品、ミルクチョコレートが含まれています。サクッとしたビスケットと爽やかなミントクリームが中に入ってます。

5. ロイヤルズ:頭にあるとんがりがカワイイ

こちらもアーノッツ社の、オーストラリアでは定番のチョコレート菓子。見た目はチョコのマカロン風で、真ん中の表面が一か所、角(つの)のようにチョコが飛び出ています。ダークチョコあるいはピンクチョコのコーティングの中身は、上の三分の二が白いマシュマロで、下にビスケットが敷いてあります。子どもが大好きなマシュマロ、日本のエンゼルパイにも似ていて、大人数でわいわいと食べるのにぴったりです。

6. グリーンズ パンケーキシェイク:女の子へのお土産に簡単に作れるパンケーキミックス! 

グリーンズ社のパンケーキミックスで価格は100グラム1.2豪ドルくらい。使い切りサイズの200グラム入りが2.4豪ドル、お得な375グラムは2.9豪ドル程度でスーパーなどで買えます。ミックスの粉は袋ではなく日本の洗濯洗剤のようなプラスチックボトルに入っていて、水を入れて振るだけで混ぜることができるので、洗い物が増えず子どもでも作りやすい構造になっています。お土産に喜ばれること間違いなしです。

7. アンザックビスケット:ザクザクとしっかりした歯ごたえ

出典: 楽天

オーツ、小麦粉、ココナッツなどが主な材料のクッキー。3豪ドルと比較的手頃な価格です。ANZAC(アンザック)とはAustralia and New Zealand Army Corpsの略で第一次世界大戦中に編成された軍のことだそうです。戦争で出兵している旦那さんに、奥さん達がこのクッキーを焼いて送っていたと言われており、終戦記念日にあたるアンザックデーには食べる習慣があります。

8. デイリーミルク:職場でのばらまき用に定番のチョコレート

Photo credit: Joe Anderson via flickr cc

カドバリー社製の人気チョコレート。紫色の袋に入った、板チョコ風の見た目です。種類が豊富なのが人気の秘密です。

プレーンなミルクチョコレート、ヘーゼルナッツフルーツ&ナッツ、ローストアーモンド、トップデック(二層に分かれた上がホワイトチョコ)、ペパーミント、クランチ、ピクニック(ナッツ系)、スナック(バナナ、キャラメル、ストロベリーなどの一個ずつ中身の違うアソートタイプ)、オレオ、オレオ・ストロベリー、オレオ・ミント、ロッキーロード(マシュマロ、ミント)、ターキッシュデライト、バブリー(空胞を含むチョコ)、バブリー・ミント。小さめの個包装イプもあるので、大勢に配るのにもおすすめ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。