ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

宇多田ヒカルのインターネットイベント「30代はほどほど。」3DVR配信を日本工学院の学生が体験!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

宇多田ヒカルのインターネットイベント サントリー天然水PREESENTS「30代はほどほど。」の3DVR配信の体験会が12月16日、東京蒲田の日本工学院専門学校にて実施された。
「30代はほどほど。」体験会@東京蒲田・日本工学院専門学校 (okmusic UP's)
国内でも稀な3DVR生配信として注目された宇多田ヒカルのインターネットイベント サントリー天然水PREESENTS「30代はほどほど。」。しかし、12月9日当日は予想を上回るアクセス集中によって一部の人が生配信での3DVRを体験することが出来ないという事態に陥った。その対応策として事前登録者を対象とした再配信が12月16日より実施されていたが、いよいよ12月22日から事前登録なしの”全開放”配信が開始。スマートフォンにGYAO!アプリをインストールすれば誰もがこの3DVR番組を体験出来るようになった。(注:別途、3DVRスコープが必要)

“全開放”配信に先駆けた今回の体験会は、音楽業界を目指す学生を対象に最先端の3DVR技術に触れてもらうという趣旨の企画で、当日はコンサート・イベント科の60名が参加した。『VR』という言葉は聞いたことがあるが、実際にはまだ未体験という学生も多く、3DVRスコープを組み立てる所から既に大盛り上がりの様子。出来上がったスコープにスマートフォンをセットして覗くと「スゴーイ!飛び出てる!」「(宇多田ヒカルが)目の前に座っている!」と驚嘆の声が教室中に沸き起こった。

これは決して大袈裟な表現ではなく、今回の3DVR技術では机を挟んでトークする宇多田との距離感だけでなく、机の上に置かれた飲み物までがくっきりと浮かび上がるほどのリアリティで再現されている。「ヤバイ!」と言いながらスコープを当てた顔を左右に動かして視聴アングルを試す学生達。今回の視野は180度に限定されていたが、仮想現実感は十分に伝わる。やがて、番組がトークから歌唱パートに切り替わると、学生たちはその歌声に静かに聞き入っていく。KOHH、PUNPEE、朝川朋之という豪華ゲストを迎えたライブパフォーマンスが話題を呼んだが、3DVRで見ると、まるで目の前で歌ってくれているかのような贅沢なパフォーマンスが堪能出来る。演奏に没頭できるのでイヤホンを使用しての視聴がオススメだ。

「初めて3DVRを体験したんですが、びっくりしました。自分たちが音楽業界で働く頃には、ライブ会場とかでも使われるようになると思うので楽しみです!」「これがあれば、友達と一緒に自宅でライブが楽しめる日がくると思います!」体験会終了後、インタビューに応じてくれた学生達は皆、口々に3DVR技術の可能性について語ってくれた。今回の生配信トラブルといい、まだまだこれからといえる3DVR技術であるが、キラキラと輝く若者たちの瞳に3DVRの未来を見た気がした。これからも、より一層の果敢なチャレンジに期待したい。

なお、「30代はほどほど。」の再配信は3DVR、2D共に2017年1月10日(火)までとなっているので、是非音楽と3DVRの未来を体験してみてほしい。

【配信概要】
タイトル:サントリー天然水PRESENTS「30代はほどほど。」

配信日時: 2016年12月16日(金)~ 2017年1月10日(火)(※公開延長)

配信内容:“3DVR版” “2D通常版” 

特設サイト:http://gyao.yahoo.co.jp/special/hodohodo/

<視聴方法>

(1)3DVR版

無線LAN(Wi-fi)の通信環境とスマートフォンが装着できるVRスコープをご用意のうえ、「GYAO!」アプリからお楽しみいただけます。

デバイス:スマートフォン 

※「GYAO!」アプリ(iOS/Android)からご覧いただけます。

※「30代はほどほど。」のオリジナルVRスコープはYahoo!ショッピング内VOOR公式ショップにて販売されております。

(2)2D通常版

デバイスを問わず特設サイトからお楽しみいただけます。

デバイス:PC/スマートフォン 

※アプリ不要

■Yahoo!ショッピング内VOOR公式ショップ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/vrshopvoor/

「30代はほどほど。」体験会@東京蒲田・日本工学院専門学校 (okmusic UP's)
「30代はほどほど。」体験会@東京蒲田・日本工学院専門学校 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。