ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スター・ウォーズシリーズ最新作『ローグ・ワン』の特別メイキング映像が公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スター・ウォーズシリーズ最新作『ローグ・ワン』の特別メイキング映像が公開

 シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の主人公である女性戦士ジンに焦点を当てた『特別メイキング映像ジン編』が到着し、主演のフェリシティ・ジョーンズやディエゴ・ルナら豪華キャストとスタッフがジンの魅力に迫った。

その他 関連画像

 本作の主人公、女性戦士ジン・アーソは、生きるために暴力や盗品所持など犯罪も厭わない孤独なアウトローだ。幼い頃に生き別れた父親ゲイレン・アーソが、実は帝国軍の究極兵器<デス・スター>の開発者であることを知り、ジンは反乱軍から“問題児”扱いを受ける。父親が帝国軍に加担していることで、反乱軍からは、実はデス・スターの開発に携わっているのではないか、本当に信用していい人物なのか…と要注意人物として疑われる。一見すると元犯罪者で厄介者に見えるジンだが、フェリシティ・ジョーンズはジンの魅力を「傷つきやすく人間味あふれるジンには誰もが共感できるはず」と力を込める。その言葉通り、デス・スターの完成が間近に迫る中、絶対に希望を諦めず、設計図を奪うという不可能なミッションに立ち向かう姿に、見ている方も自然と感情移入してしまうのだ。

 そんなジンと一緒にミッションに挑むのは6人の極秘チーム<ローグ・ワン>。その1人でイケメン将校のキャシアン・アンドーとは深い絆が芽生えていく。キャシアン演じるディエゴ・ルナは「最初は厄介者に過ぎないと思っていたものの、命がけで戦う彼女に心打たれ尊敬を抱くようになるんだ」と2人の関係を分析。仲間としての想いなのか、それともそれ以上の絆が芽生えるのか…劇場で確かめてみてほしい。

 そんなジンを演じたフェリシティ・ジョーンズだが、本作では初めて本格的なアクションに挑戦。後ろで爆発が起きる中ストームトルーパーを倒したり、顔面から暴風雨を受けてびしょ濡れになりながら必死に前へ進んだり、体当たりの演技で女優魂を見せつけた。本作のギャレス・エドワーズ監督は「フェリシティのパワフルな演技のおかげで皆ジンを応援したくなる」とその演技を絶賛。映像からも、出来る限りCG に頼らずリアルに撮影する「スター・ウォーズ」らしい撮影の裏側が垣間見ることができる。誰もがジンに感情移入してしまう姿が映し出されており、過酷な運命に翻弄されながらも希望を諦めず戦う「スター・ウォーズ」の新ヒロインが誕生した。

 本作は公開からわずか3 日間で早くも累計観客動員は58 万人を突破し、累計興行収入9 億2,062 万円を突破。早くも何度も映画館に足を運ぶファンも多く、「『ローグ・ワン』2度目で話の展開も分かっているのにやっぱり終始、号泣でした」、「3回目見てきたけど、これまでで1番号泣した」など、結末が分かっていても観るたびに感動が増すようだ。これから観る人はもちろん、すでに鑑賞した人はもう一度、劇場で感動を味わってみてはいかがだろうか。

◎『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』スペシャルメイキング映像 ジン編
https://youtu.be/Z7o9ziwha30

関連記事リンク(外部サイト)

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、“愛されドロイド”K-2SOの本編映像が到着
映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』いよいよ12月16日公開、名もなき戦士たちの物語
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のワールド・プレミア開催、監督&フェリシティは日本語でメッセージも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。