ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『12月23日はなんの日?』数々の渋谷系名曲に描かれた“東京の夜”の象徴、東京タワーが完成した日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『12月23日はなんの日?』数々の渋谷系名曲に描かれた“東京の夜”の象徴、東京タワーが完成した日

 12月23日は天皇誕生日。そして、1958年のこの日、東京都港区に東京タワーが完成し、完工式がおこなわれた。以降、東京を代表する観光名所であり、シンボルとなった東京タワーは、これまで多数のアーティストの楽曲に登場している。

 なかでも90年代・渋谷系アーティストたちは、日常のひとコマを切り取ったさりげない歌詞の中で、あるいはキラキラとした“東京の夜”の象徴として、東京タワーの姿を何度も巧みに描いてきた。ざっと挙げるだけでも、ピチカート・ファイヴ「恋のルール・新しいルール」「キャッチー」、オリジナル・ラブ「流星都市」、小沢健二「ぼくらが旅に出る理由」「ドアをノックするのは誰だ?」、カジヒデキ「ありがとうはママンのぬくもり」など、東京タワーが歌詞の中に登場する渋谷系名曲は数知れず。また、2006年にリリースされたピチカート・ファイヴのベスト盤『シングルス』のジャケットには、東京タワーの夜景が全面的に使われている。完成から58年。朱色に輝く東京タワーは、今日も変わらず東京の街を見つめ、輝き続けている。

関連記事リンク(外部サイト)

【リオデジャネイロ・パラリンピック】閉会式でピチカート「東京は夜の七時」がフィーチャー ブラジルで人気の背景は?
ピチカート・ファイヴ 初期名盤2タイトル3形態同時リリース! 当時の全メンバーからコメントも
野宮真貴、11月アルバムに豪華ゲストが参加 ピチカート解散以来14年ぶりとなる小西康陽とのコラボも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。