ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』 売上げは前作ALの倍以上、セールスを大きく伸ばした地域は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【深ヨミ】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』 売上げは前作ALの倍以上、セールスを大きく伸ばした地域は?

 12月26日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、BOYS AND MENの『威風堂々~B.M.C.A.~』が4.6万枚を売上げて、同チャートで初となる首位を獲得した。

 BOYS AND MEN(通称:ボイメン)は、東海エリア出身・在住のメンバーで構成された男性ユニット。歌とダンスだけでなく、芝居やミュージカルなどもこなすエンターテイメント集団として活動している。『威風堂々~B.M.C.A.~』は、彼らのメジャー専属契約第1弾アルバムで、氣志團からの提供楽曲「GO!! 世侍塾 GO!!」や、「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をアレンジをした「ヤングマン~B.M.C.A.~」などが収録されている。

 前作AL『Cheer up!』は、“Top Albums Sales”で初登場2位を記録していたが、今作はその記録を上回った形だ。売上げ枚数を見ても前作が2.1万枚だったのに対して、今作は4.6万枚と倍以上になっており、BOYS AND MENの注目度が上昇していることがわかる。このセールスの中心は、活動の拠点である東海地域だと考えられるが、その他の地域ではどうなのか。SoundScan Japanのセールスデータから、今作と前作の店舗での初週売上げ地域別トップ5を抽出すると下記のようになった。
『威風堂々~B.M.C.A.~』
1位:愛知
2位:大阪
3位:東京
4位:埼玉
5位:静岡
『Cheer up!』
1位:愛知
2位:東京
3位:兵庫
4位:岐阜
5位:福岡
 各地でセールスを伸ばしている中、予想通り愛知が両作とも断トツでトップに。なお愛知での売上げ枚数は、前作の倍以上になっており、活動のベースとなる地域での人気も増している。そして『威風堂々~B.M.C.A.~』2位の大阪は、前作の8位からジャンプアップ。前作リリースから約半年の間に、大阪で多くのファンを獲得したと考えられる。その他、今作で上位の埼玉や静岡でも同じことが言える。2016年にその人気や認知度を急上昇させたBOYS AND MEN。2017年もCDセールスを伸ばし続けていくのか。その動向にも注目したい。

※表示枚数は概数となります。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』が45,678枚を売り上げアルバム・セールス1位
【先ヨミ】ボイメン、氣志團提供楽曲&「ヤングマン」リアレンジver.を収録したALが現在トップ
【ビルボード】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』が総合ALでも1位、トップ10に5タイトルが初登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。