ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

疲れをリセット!「漢方スムージー」で体をポカポカに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

疲れをリセット!「漢方スムージー」で体をポカポカに
J-WAVEで放送中の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。12月25日(日)のオンエアでは、「体の疲れをリセットする漢方スタイル」をテーマに、北鎌倉の「日々響」を紹介。広い庭と縁側のある素敵な一軒家で、実際にレイチェルも体験してきましたよ!

まずは、漢方ごはんやブレンド漢方茶が楽しめる「日々響」のオーナーで漢方スタイリストの吉田揚子さんに「体の疲れをとる漢方の考え方」について伺いました。

「季節と体に合わせたメニューを取り入れているのですが、今の時期は『漢方おせち』で、胃腸の機能を整えたり、疲れを癒やしたりすることをテーマにしています。また、寒い季節ということで、冷え解消の方法も教えたりしています」

確かに、今の時期、冷えで悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。吉田さんは続けます。

「漢方では、『冷えの原因を読み解く』というやり方で冷えの改善をめざします。『冷え』と一言でいっても人によって違い、たとえば、血液不足での冷えは、血液を増やしたり、巡りをよくすることで改善できます。むくみに悩む人も多いと思いますが、むくみは水分の淀みに冷えが加わって発生します。この場合は、いらない水分を出すなどすれば改善できます。自分の体のクセを見極めてアプローチすることが大事です」

吉田さんはまた、「冷えは万病のもと」という考えのもと、体を温めるツールとして「漢方ホットスムージー講座」を開催しています。今回はレイチェルも体験してきました。

「漢方ホットスムージー」の具材には、りんご、バナナ、レモンなどの果物、ほうれん草やトマトといった野菜、漢方的な素材として生姜、シナモン、ナツメを使います。りんごは1個、レモンは半分。レモンの皮には栄養がありますが、味が苦いので取り、バナナの皮もおいしくないので取り除きます。ナツメには血液を増やしてくれる“スイッチ”のような役割があり、シナモンや生姜は血流を改善し、ポカポカにしてくれる効果があるのだとか。ナツメやシナモンといった漢方のパウダーは少量だけ入れますが、これはあくまで薬の漢方としてではなく、自分の体を意識する“スイッチ”の役割に使うので大量には使わない、それがコツなんだそう。

以上の具材をミキサーにかけるのですが、5分ほどミキサーにかけると、不思議なことに湯気が出てホットになります。完成した「漢方ホットスムージー」は、ほんのりとしたシナモンの香りや、喉越しもよく温まりやすく飲みやすいとのこと。長時間回せるミキサーが無い場合は、鍋で、弱火で温める程度、煮ても良いそうです。

いかがでしたか? 今回は「ホットスムージー」を紹介しましたが、生活に漢方を取り入れるきっかけはブレンド漢方茶でも、漢方ソルトやオイルなどの調味料でもOKとのこと。「何か1つ、自分にあったものを見つけて、体を変化させることで毎日が楽しくなる」ことが大切ということでした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SMILE ON SUNDAY」
放送日時:毎週日曜 9時−13時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。