体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“いつもTHE TON-UP MOTORSのそばにいてくれて本当にありがとう” 活動休止前ラスト・ライヴ Zepp Sapporoレポート

“いつもTHE TON-UP MOTORSのそばにいてくれて本当にありがとう” 活動休止前ラスト・ライヴ Zepp Sapporoレポート

“いつもTHE TON-UP MOTORSのそばにいてくれて、本当にありがとうございました”。3度目のアンコールに応えてステージ上がった4人を代表して、上杉周大(Vo.Gt)は会場に集まった全員に語りかけるように感謝の気持ちを口にした。

12月としては50年ぶりの大雪に見舞われた12月23日(金・祝)北海道 Zepp SapporoにてTHE TON-UP MOTORSのワンマン・ツアー〈Whatever happens happens tour2016〉の最終公演、活動休止前最後のライヴは決行された。

広い会場にSEが流れると、観客の手拍子に合わせて“THE TON-UP MOTORS”と書かれた大きなバックドロップがせり上がってきた。堀内俊聡(Dr)、井上仁志(Gt)、長谷川雄一(Ba)が先にステージに上がり、客席に向かって深々と一礼。「レディース&ジェントルメン!」リーダーの長谷川が叫んで口火を切ると、“ダイナマイッ!”コールが上杉を呼び込み、最新ミニ・アルバム『Whatever happens happens』の1曲目「TONight!」からライヴがスタートした。堀内と長谷川のギュッと後ろに引っ張るようなシンプルなビートに乗せて“難しいの いらない”と歌う上杉に井上が頷くようにオブリガードで応える。4人の音楽による会話が始まった。“TONight! TONight!”と一節ごとに登りつめて行くサビのコード展開が緊張感を放つ中、上杉が「札幌ー!」と叫んだだけで地鳴りのような大歓声だ。堀内が叩くジャングルビートからバンドは次の曲になだれ込み「タイガー・ブーガルー」へ。上杉が鳥肌もののブルースハープで興奮させて、「まだまだ盛り上がり足りねえんじゃねえのー!?」と観客を煽る。ドラムセットの方に向き合いどんどん高まって行く演奏はものすごいテンションだ。曲の終わりには蒸気機関車を思わせるド迫力のブルースハープを聴かせた。とにかく、ひたすら黒い。この規模の会場でオープニングからこんなにもブルージーな曲を立て続けに聴かせるバンドは他にいないのではないだろうか。赤く染まる照明の中、井上が「右腕ファイヤー」のソリッドなイントロを鳴らすとどっと大歓声。間奏では手拍子で観客も演奏の一部と化した。こんな大音量の手拍子聴いたことがない。お客さんのテンションも凄まじい。エンディングの堀内のドラムも気合充分だ。

「THE TON-UP MOTORSです! 最初にひとこと言わせてくれ! ドえらい悪天候の中、よくぞ来てくれた、本当にありがとうございます! 今日は紛れもなく一生に一回しかない、特別なライヴです。来てもらったからには、絶対、1人残らず楽しんで帰って行ってもらう自信満々だから、そのつもりでヨロシク!」(上杉)

「1 LIFE 1 LOVE SOUL」「無責任讃歌」「無邪気な人」と、和やかなムードの曲が続いた。活動休止前ラスト・ライヴということもあり、色んなアルバムから曲を披露している。両手を上げるフリで会場一体となった「人生はステージ」では堀内の軽やかにハイハットを刻むドラム、長谷川の縦横無尽に跳ねるようなベース、フランジャーを効果的に使いつつカッティングで曲を引っ張る井上のギターと、聴きどころの多い演奏が繰り広げられる。続く「グッと来てライラ」では途中、上杉による紹介から長谷川がソロを披露。ザ・ビートルズ「Day Tripper」のリフなどを入れつつ、ふた回し目にはギターさながらにベースをかき鳴らしてみせた。

暗転してしばらくすると、突如堀内がマイクで喋り出して笑いと共に大歓声が一斉に沸き起こる中、雪の中集まったファンに感謝。MCを考えていたら眠れなくなったという、じつに堀内らしい、わかるようなわからないようなユーモアもありながらグッとくるMCを挟んで、新作から北海道を歌った曲「冬将軍」へと進んで行く。札幌に来て、さらに大雪の景色の中を歩いて会場に来てから聴くこの曲は、より風景が身近に感じることができた。ギターのストロークが始まると、すぐに手拍子で反応する観客たち。冬の曲の次は夏の歌、「青い季節」。今度は爽やかな夏競馬の情景が、ボ・ディドリー・ビートに乗せて会場中に広がる。「僕ら 複雑でも こころはひとつさ」という一節に彼らの今を重ねて聴いた。何度も、天気の悪い中、本当にありがとうございますと感謝する上杉。大事な曲、みなさんの毎日に捧げたい、とのMCから歌われた「無名のうた」ではバンドマンとして16年ここまでやってきたスピリットを感じさせる渾身のボーカルを聴かせた。この曲が歌われる瞬間の張り詰めた空気感は広いZepp Sapporoでも健在。この日のライヴのハイライトの一つとなる名演だった。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。