ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

佐藤竹善が語る、クリスマスソングの魅力

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

佐藤竹善が語る、クリスマスソングの魅力
J-WAVEで放送中の番組「Mercedes-Benz MUSIC FACTORY」(ナビゲーター:グローバー)。12月24日(土)のオンエアでは、先日、六本木で行われた番組主催の「CHRISTMAS PARTY」から、公開収録の模様をお送りしました。今年で3回目となったこのイベントには、佐藤竹善さん、☆Taku Takahashiさん、LISAさんがゲストに登場。盛り上がった2時間半の中から、今回は佐藤竹善さんのライブ&トークの模様をたっぷりとご紹介しました。

ルイ・アームストロングの名曲「What a Wonderful World」に続いて、「What Can I Give You This Christmas?」を弾き語った佐藤さん。「このクリスマスの夜に、僕は君に何をプレゼントできるんだろう? 僕なんかが君にプレゼントできるものなどあるのだろうか?」や、「街を歩いてショーウィンドウを見ても、美しい君にふさわしいものは一つも見つけられない」などと歌や歌詞の内容を解説。また、「そういうお姉様方が今日、いっぱい集まっているようでございますね。…ラジオだから、『はい』って答えておけばいいんですよ(笑)」なんて一幕も…。たしかにラジオでは見えないですね(笑)。この日も歌だけではなく、トークでもお客さんを楽しませてくれました。

佐藤さん、実はこの日のトップバッターだったのですが、その前にグローバーがステージに上がり、会場のお客さんと乾杯などをして大盛り上がり。「そこにギター一本抱えて出てきた竹善さんが…なんと言いますか、透明な、クリスタルのような空気に変えてくれました。びっくりしましたね。歌声もすごかった」(グローバー)と会場の雰囲気について語ります。

さらに、佐藤さんはピアノの弾き語りで、SING LIKE TALKINGの名曲「Spirit Of Love」を披露してくれました。これには会場のお客さんもかなり盛り上がりました。

「What a Wonderful World」、「What Can I Give You This Christmas?」、「Spirit Of Love」、佐藤さんがこの3曲を選んだ理由は「好きなクリスマス・ソング」だからだそう。「Spirit Of Love」について、「基本がゴスペルっていうものを自分のポップス感と合わせた曲。やっぱりこの季節は、メッセージがより強く届くのかなぁなんて思います」と佐藤さん。

そんな佐藤さんにとって、クリスマス・ソングが持つ温かみや深さとは…?

「例えば、世界中で毎年のように無数のオリジナルのクリスマス・ソングが生まれていて、そして昔からあるスタンダードもたくさんの幅広いアレンジでリメイクされていて。もうヘヴィメタからヒップホップから、ジャズ、カントリー、ブルースが、全く違うアプローチをしてるのに、クリスマスということで一体になる、その、人の一体感もすごく感じられます」

確かにそうですよね。たとえそれがデスメタルアレンジですら、ハッピーでほっこりした感じが出ますよね。そんなところがクリスマス・ソングの魅力の一つかもしれません。佐藤さん、これからも魅力的なクリスマス・ソングを私たちに届けてくださいね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「Mercedes-Benz MUSIC FACTORY」
放送日時:毎週土曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/musicfactory/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。