ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

緊張や不安で頻尿に…他人事ではない「心因性頻尿」って?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

緊張や不安で頻尿に…他人事ではない「心因性頻尿」って?
冬場は冷えなどからトイレが近くなることがあります。しかし、季節と関係なく緊張するとトイレが近くなる、という経験はありませんか? これには心理状態が関係しているといわれています。

今回は「心因性頻尿」について、医師の話を聞いてきました。

頻尿とは?

頻尿とは、頻繁に尿意が生じることです。トイレに行く回数は人によって変動が大きく、状況よっても大きく変わるので、正常値を出すのは難しいのですが、一般的には起床中に5回程度、就寝中は0回というのが通常のようです。

1日の回数が10回を超えた場合、頻尿と呼ばれることが多いようです、しかし、10回を超えると、必ず病気だというわけではありません。

頻尿の原因

頻尿を生じる原因には、
1.水分摂取が多く実際に尿量が多い場合
2.膀胱炎や腎盂腎炎により尿路に炎症が生じている場合
3.尿を貯めておく神経回路や筋肉のしくみに問題が生じ、貯めておける尿の量が減った場合
などがあげられます。

特に3番目は、詳しい原因は不明のことが多く、心理的な要素が強い場合は「心因性頻尿」という暫定の病名をつけて治療することが多くなります。
特に強い尿意が突然起こり、我慢しにくい場合「過活動膀胱」や「切迫性尿失禁」とも重複します。

心因性頻尿とは?

例えば、
・重要な会議で発表しなければならない場合
・ピアノコンクールの舞台に出る前
・試験開始前
などに尿意が起こり、何度トイレに行っても安心できないという体験は、多くの人に経験があるかもしれません。

頻繁に起こる状況でなければいいのですが、軽い緊張を強いられる場面で尿のことが気になるという体験を繰り返していると「また尿意で苦しめられるのではないか?」「トイレに行きたくなったらどうしよう?」とばかり考え、それがまた尿意に意識が向く原因となり、悪循環となってしまいます。

いつでもトイレが心配になり、外出がままならなくなったり、しょっちゅうトイレに行きたがる様子を人にどう思われるかが心配になったりする人もいます。

医療機関での診断

こういった状態は、体に原因のある頻尿でも起こりえます。「尿のことで日常生活が障害されている」と感じた場合は、早めに泌尿器科での受診をおすすめします。

診察では、
・1日に何回程度排尿をしたか(日中と睡眠中に分けて)
・「急に尿がしたくなり、我慢しにくいこと」が週に何回ぐらいあったか
・そのうち実際漏らしてしまったことが何回あったか
・普段の水分やアルコール摂取量はどのぐらいか
などを問診で聞かれることになります。
そのため、数日分の行動を思い出して記録しておかれると助けになります。

何らかの病気がある場合は、治療により症状が改善しますし、特に体に原因がない場合も、安心感で症状が改善する人もいます。また「心因性頻尿」などの診断結果によって、抗不安薬の処方やカウンセリングをすすめられることもあります。

頻尿の改善に効果的なツボ

また、効果について科学的に検証されてはいませんが、ご自身でできる改善方法として、東洋医学の「ツボ押し」があります。
・下唇とあごの先端の中間
・耳
・手の小指の一番指先側の関節
・背中
・足首(三陰交)
・足の裏
など、全身に尿意と関係するツボがあるとされています。これらの詳細を調べ、指圧したり温めたりすることは、一度試してみるといいかもしれません。

医師からのアドバイス

尿のトラブルで悩んだときは、生活に乱れがないか、水分摂取量は適切か、などを見直しつつ、早めに泌尿器科での受診をおすすめします。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

トイレまで我慢できない「切迫性尿失禁」になりやすいのはどんな人?
若年層にも起こり得る尿もれ・頻尿、なぜ起こってしまうの?
トイレが近くなったら要注意!? 多尿や尿漏れは病気のサインなの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。