ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46齋藤飛鳥 手つないでいい?に「温めて」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

乃木坂46齋藤飛鳥 手つないでいい?に「温めて」
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、英語初心者である乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。

12月24日(土)クリスマス・イブのオンエア、齋藤のクリスマスの予定は「仕事ですね」と一言。ハリーの濃すぎる謎キャラのしつこい問いかけにも(笑)、「本当です」とクールに答えていました。

まずはリスナーから届いた質問を紹介。

■「メリークリスマス!」のあとにつけるといいワンフレーズは?

この時期ならではの質問。昔はクリスマスカードを送り合いましたが、日本のように年賀状のない海外では「Merry christmas and happy new year!」という言葉で1年の感謝の気持ちを伝えます。今の時代だと、LINEなどでさらりと伝えるなら「今年もありがとうね」を言葉の最後に添えると良いでしょう。

そこでおすすめなのが、こちらのフレーズ。

「Merry christmas and thanks for a fabulous year.」(メリークリスマス、今年もありがとうね)

「良い1年をありがとう」=「素晴らしい」という意味の「fabulous」は、「fantastic」や「soup」(魅力的な)といった言葉に置き換えてもOKです。

ちなみに齋藤は「thanks」の「th」の発音が苦手なので、このフレーズが出てくると「(thの発音)大嫌いです! あと『r』と『l』の発音が大嫌い」と発言。オンエア中にこの発音が出てくると、思わず台本で顔を隠してしまうそうです。

■「手をつないでいい?」を英語で言うと?

後半の英会話コーナーは、先週に続き、クリスマスのとある場面での会話。ハリーと齋藤が、クリスマスデートでイルミネーションを観に行くシュチュエーション。「手が冷たいので温めてください」と齋藤が言うシーンです。

「Can I hold your hand?」(手をつないでいいですか?)
「My hands are cold, so…please warm them for me.」(手が冷たいので、私の手を温めて)

ハリーが「気持ちがどこかにいっちゃってるね…」と言うくらい、気持ちの入ってない寸劇でしたが、「こんなこと言わないですよ。こういうのが言えるのがモテる女子って感じですよね」と齋藤。英語でもなかなか使わない言葉だそうです。

また、英会話では「手を温めてください」という齋藤に、アドリブでハリーが「息をハーハーしてあげる」というと、速攻で「やだあ…不審者ですよね(笑)」とキツイ一言。

「Can I hold your hand?」(手をつないでいい?)は、海外でも滅多に使わないので、「年下男子が使ったりすると、年上女子はキュンキュンするかも」とハリー。多用は禁物ですが、冬のデートなどで「ここぞ!」という勝負のときに使ってみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」

放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。