体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年も大盛況! 2016年アメコミ映画・TV界ベスト10大発表!!! まずは6〜10位 【前半】

今年も大盛況! 2016年アメコミ映画・TV界ベスト10大発表!!! まずは6〜10位 【前半】

(C)2016 Marvel.
早いもので今年もあと残りわずか。今年も素敵なアメコミ映画・TVに恵まれました!ベスト10形式で今年を振り返りましょう。ただ振り返ると言っても来年・これらからにつながるネタも多いので、未来に向けた楽しい展望も語っていきましょう!

10位:『デッドプール』『スーサイド・スクワッド』まさかの大ヒット!

異色のアメコミ・ヒーロー(?)映画『デッドプール』『スーサイド・スクワッド』が公開され、全米・全世界、そして日本でも大ヒットしました。日本でも『デッドプール』は20億強、『スーサイド・スクワッド』は20億弱の大ヒット。それぞれX-MENやバットマンの”スピンオフ”であり、決してメジャーなキャラではなく、アメコミ好きにしてみればマニアックな素材だったわけですが、どちらもクレージーでポップな感じがウケ、新しいファン層を開拓したようです。

(C)2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
『デッドプール』の成功は、アメコミ・ヒーロー映画もR指定はイケる!と証明したことも大きく、この影響を受け、来年公開のヒュー・ジャックマン最後のウルヴァリン映画『ローガン』もR指定。


また『スーサイド・スクワッド』はアメコミの魅力はヒーローだけではなくヴィランにあると再認識させてくれて、今後ヴィランがメインの映画が作られる可能性大!

(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
実際、マーゴット・ロビー出演&プロデュース、『スーサイド・スクワッド』のデビッド・エアー監督で、ゴッサム・シティの悪女ハーレイ・クイン、キャットウーマン、ポイズン・アイビーが夢の(悪夢の)共演をする『ゴッザム・シティ・サイレーンズ』の製作が発表されました。

#Sirens4everpic.twitter.com/sutAD9O4G7
– David Ayer (@DavidAyerMovies) 2016年12月14日

この2作は、そしてその成功はこれからのアメコミ映画作りに大きな影響を与えました!

09位:アメコミ TVドラマ充実(マーベル)!

TVに負けず、ドラマでもアメコミ原作物はその魅力を発揮しています。

マーベルは一連のマーベル映画(マーベル・シネマティック・ユニバース)と連動した「エージェント・オブ・シールド」がシーズン4に突入。しかもそこには新ゴーストライダー(なんとバイクではなく車に乗る!)も登場!またこの「エージェント・オブ・シールド」のスピンオフをデジタル・メディアのみで展開するSlingshotもまもなく配信されます。

また来年秋は、マーベル・コミックスに登場する超人類インヒューマンズを描いた「インヒューマンズ」が放送開始。全8話で、しかし1話目と2話目は、なんと2週間限定でIMAX上映されるという試み!この「インヒューマンズ」はもともとマーベル・シネマティック・ユニバースの1本として映画が予定されていたし、また「エージェント・オブ・シールド」の中でも言及されていましたが、それらとは”また違う”作品らしく、どう展開されるのか楽しみです。

1 2 3次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。