ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

覆面パトカーには捜査用と交通取締り用がある

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
覆面パトカーには捜査用と交通取締り用がある

一般の人に関係する覆面パトカーには「捜査用」と「交通取締り用」があります。街中を流してパトロールしているのが捜査用の覆面パトカー。刑事ドラマなどでおなじみです。そして、幹線道路などでスピード超過などの違反車を狙っているのが交通取締り用の覆面パトカーになります。

捜査用覆面パトカーはマグネット式

捜査用の覆面パトカーは、おもに刑事が捜査に使うもの。トヨタのアリオンやスズキのキザシといったマイナーな車種が多いですが、トヨタ・マークXや日産・スカイラインを捜査用として導入している警察本部もあります。

捜査用の覆面パトカーは、車内から手でルーフに載せるマグネット式の赤色灯が基本形。助手席側から載せる場合が多いので、赤色灯の位置は左側に寄ることがほとんどです。車内のダッシュボードに置くケースもあります。

そのほか、刑事は2人組みで行動するため、車内に2人のいかつい男性が乗車している場合は要チェックです。各県警では秘匿性を高めるためにエンブレムを削るなどして車種を隠す場合もありますが、かえって目立っているのが実状です。

交通取締り用の覆面パトカーの特徴

交通取締り用の覆面パトカーは、交通機動隊員が乗り込んで幹線道路などで虎視眈々と違反車を狙っています。現在、最も見かける車種がトヨタの200系クラウンと180系クラウン(通称:ゼロクラ)です。

交通取締り用の覆面パトカーの外見的な特徴としては、リアウィンドウにユーロアンテナが付いていたり、屋根に赤色灯が飛び出すフタが付いていたり、車体がピカピカに磨き上げられたりといったことが挙げられます。

また、フロントグリル内に2つの前面警光灯を装備。スピード測定の際はこれを光らせます。ただし、潜伏中の覆面パトカーの外観から見抜くことは至難のワザです。また、ルームミラーがダブルミラーというのも特徴です。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。