ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【糖尿病患者を守るスマート靴下】“足部潰瘍”対策、足が異常高温になるとスマホにアラートを送信

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
SirenCareクリスマスといえば、サンタクロースが靴下にプレゼントを入れてくれるが、そもそも靴下は履く衣料品。

皮膚の保護、汗やニオイの吸収といった従来の実用性以外の機能をもった、新しいスマート靴下「Siren Care socks」が開発中だ。

・糖尿病患者の足の炎症をモニターする靴下

SirenCare2これは、糖尿病患者の足の炎症をモニターし、怪我の検知を迅速におこなうためのツールだ。

1型・2型糖尿病患者にとって、足が腫れ上がる“足部潰瘍”は、入院のもっとも大きな要因の1つだという。

・異常を検出するとスマホにアラート

特殊な生地でつくられた「Siren Care socks」は、装着者の足の皮膚温度を常にモニター。両足の同じ箇所のデータを比較することで、誤報を防ぐ。

高温が検知されると、Bluetooth Low Energyを通じて、スマートフォンの専用アプリにアラートが送信されるという。

・バッテリー内蔵なのに洗濯機でも洗える!

SirenCare3靴下は洗濯機で洗える仕様なのがウレシイ。およそ6ヶ月の使用耐久だ。

この靴下にはバッテリーが内蔵されていて、少なくともその期間中は電池がもつようになっている。

靴下を脱いだときはバッテリーはスリープモードに移行するようになっていて、着用したときだけ動作する仕様だ。

・プレオーダー受付中

現在は生産段階への準備期間で、2017年春に出荷開始の見込み。プレオーダーを受付中で、1オーダーには7足分(1日1足×7日分)が含まれ、1セット予価120ドル(約1万4100円)。サイズも選べるようだ。

ITと衣料品、医療分野との技術連携は、今後ますます増えていきそうである。

Siren Care

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。