ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

MONOEYES、『Get Up Tour 2016』東京公演で新木場を熱狂空間に!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

MONOEYESの全国ワンマンツアー『Get Up Tour 2016』の東京公演が、新木場STUDIO COASTで12月15日・16日の2日間にわたって開催された。
12月16日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP's)
最新作『Get Up E.P.』を携えた計22本のツアーも終盤を迎えた新木場公演の初日:12月15日。満場の大歓声が巻き起こる中、ライブの開幕を告げた『Get Up E.P.』からの楽曲は、スコット・マーフィー(B・Cho)作詞・作曲・ヴォーカルによる楽曲「Moth To Flame」。そこから「Like We’ve Never Lost」から「Do I Have To Bleed Again」へ、とアグレッシブなナンバーを畳み掛けるMONOEYESの4人。

会場一面のシンガロングを呼び起こしていたエモーショナルなボーカルワークをはじめ、戸高賢史(G)が繰り出す鋭利なリフや緻密なフレーズ、一瀬正和(Dr)が叩き出すタイトかつパワフルなリズムも、格段に強靭な一体感をもったバンドアンサンブルとして響き渡り、フロアの温度を刻一刻と高めていく。

『Get Up E.P.』の楽曲はもちろん、昨年7月リリースのアルバム『A Mirage In The Sun』の12曲も含め、現時点でのMONOEYESの既発曲すべてを披露していたこの日のアクト。「My Instant Song」や「Remember Me」では観客一丸の歌声とハイジャンプでフロアを揺らし、「Borders & Walls」でパンキッシュな疾走感を描き出す。すべての楽曲が、観る者の情熱と衝動を突き動かすダイレクトな訴求力に満ちている。

「今年は突っ走ったな。とりあえず、1日も無駄にしなかった気がする。すごくいい1年だった。ありがとうございました」と語りかける細美(Vo・G)の表情にも充実感が滲む。「MONOEYESが結成して1年半くらいの間に、これだけたくさんの人と関わりを持てたことが、とても幸せです。」という万感の言葉に、惜しみない拍手喝采が湧き上がった場面は、MONOEYESが着実にロックファンとの間に築いてきた絆を象徴するものだった。

ライヴ後半に鳴り渡ったミドルテンポのダイナミックなアンセム「Get Up」に応えてフロアに拳が高々と突き上がり、大雪に見舞われたツアーの東北〜北海道公演を振り返りつつ奏でた「Wish It Was Snowing Out」のメロディが満場の熱気を包み込む。

そして、本編ラスト3曲「What I Left Today」「Run Run」「グラニート」で圧巻の熱狂空間を生み出していった。

アンコールでは「Just A Little More Time」に続けて、ALLiSTERの楽曲「Somowhere On Fullerton」をカバー。「Everybody, jump!!」の細美のコールに導かれてのオーディエンスの大ジャンプにフロアが激しく揺れる。MONOEYESが響かせるロックそのもののような、高純度の熱量と祝祭感に満ちた一夜だった。

text by 高橋智樹

photo by Viola Kam (V’z Twinkle)

【セットリスト】
01.Moth To Flame

02.Like We’ve Never Lost

03.Do I Have To Bleed Again

04.Cold Reaction

05.My Instant Song

06.End Of The Story

07.Get Me Down

08.When I Was A King

09.Borders & Walls

10.Remember Me

11.Get Up

12.明日公園で

13.Wish It Was Snowing Out

14.What I Left Today

15.Run Run

16.グラニート

(Encore)

01.Just A Little More Time

02.Somowhere On Fullerton

12月16日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP's)
12月16日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP's)
12月16日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。