ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

留学で大人気の学園都市!アデレードの天気と観光スポット10選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

留学で大人気の学園都市!アデレードの天気と観光スポット10選

Photo credit: Gemma Stiles via flickr cc

こんにちは、Compathy MagazineライターのKumiです。
都会と自然が共存する学園都市、アデレードは留学先としての好条件をクリアしたとても住みやすい南オーストラリアの州都です! 市の中心から郊外のビーチや山までは車で20分程度で行けることからアデレードは「20分シティー」とも呼ばれています。今回はそんなアデレードの気になる天気情報とおすすめ観光スポット、人気のホテルまでご紹介します!

オーストラリア・アデレードの気候とは?基本情報と天気の注意点

Photo credit: Les Haines via flickr cc

アデレードはオーストラリア大陸の南部に位置する南オーストラリア州の州都で、南極海に通じているセントビンセント湾に面した都市です。また、クラシック様式の歴史ある建物と近代的なビルディングが調和しており、高い評価を受ける小・中・高等学校をはじめ、アデレード大学卒業生が5名ノーベル賞を受賞するなど世界有数の学園都市です。
日本との時差は30分で、地中海性気候地域に位置しており、冬は温暖で湿潤、夏は暑くからっと乾燥した気候が特徴です。また、サマータイムという夏の間だけ時計を標準時より1時間進める制度を導入しています。

今日・明日の天気は?アデレードの最新週間天気予報・気温・降水確率

晴

明日

12/25

0%

High 37°
/
Low 22°

雨の可能性

月曜

12/26

40%

High 27°
/
Low 21°

雨の可能性

雨

火曜

12/27

90%

High 32°
/
Low 22°

雨の可能性

水曜

12/28

50%

High 32°
/
Low 18°

雨の可能性

雷雨の可能性

木曜

12/29

30%

High 27°
/
Low 16°

雷雨の可能性

所により曇

金曜

12/30

10%

High 23°
/
Low 15°

所により曇

所により曇

土曜

12/31

10%

High 23°
/
Low 14°

所により曇

Wunderground.com

アデレードの過去の年間天気:月間毎の平均気温と降水量一覧表

月別(2015年)平均最高気温(℃)平均最低気温(℃)月降水量(mm)
1月27.617.029
2月31.017.50
3月24.114.33
4月20.111.050
5月18.110.050
6月16.08.020
7月14.56.843
8月15.58.134
9月18.58.815
10月25.413.05
11月25.714.113
12月30.317.28

参照:気象庁2015年度データ

アデレードの季節ごとの気候とおすすめの服装

アデレードの夏:12月・1月・2月の気候とおすすめの服装

Photo credit: Les Haines via flickr cc

オーストラリアは南半球にあるため、日本と季節が逆になります。日本では冬に入り、寒さに凍える日々なのにオーストラリアは温かいなんて驚きですよね。日本とは違う気候を持っているオーストラリアだからこそ、事前の下調べが旅行の満足度を大きく左右することになります。
季節ごとの気候と適切な服装を記載していきますので是非ご参考にしてください! 夏でも早朝や夜は比較的涼しいため長袖や薄手の上着があるといいです。12月から1月にかけては基本的には夏服でも構わないですが、夜は比較的涼しくなることが多いのでそんなに分厚くない薄着くらいの上着を持っていると重宝しますよ。
2月は最高気温が30℃近くになることもあり、熱中症予防のためにも暑さ対策をしっかり行うようにしましょう。日差しや紫外線が強いのでサングラスや帽子、日焼け止めクリームは必携です。

アデレードの秋:3月・4月・5月の気候とおすすめの服装

Photo credit: Bernard Spragg. NZ via flickr cc

オーストラリアの夏を越えて、3月から4月にかけてはだんだんと涼しくなるのですが、早朝と夜間は冷え込むので、上着を持っていくといいと思います。5月は平均気温が10℃台になるので体温調節がしやすい服装をするように心がけてください。

アデレードの冬:6月・7月・8月の気候とおすすめの服装

6月と7月はオーストラリアの冬で、最低気温が10℃を下回ることも少なくないので、マフラー、手袋、コートがあると良いと思います。また、雨が多い季節のためカッパやレインコート、折りたたみ傘などの雨具などを持っていくことをオススメします。
この時期に旅行される方は寒さ対策をしっかりしておかないと大切な旅の思い出が台無しになってしまうので防寒対策はしっかりしてくださいね。8月は春にかけてだんだんと気温が上がり過ごしやすい温度になってきます。ですが深夜と早朝は冷え込むことが多いので寒さ対策は上着を持ち歩くなど徹底するようにしてください。

アデレードの春:9月・10月・11月の気候とおすすめの服装

オーストラリアは春を迎え、ポカポカと過ごしやすい気候になってきます。ですが、9月から10月頃までは日によって大きく冷え込むこともあるため、長袖や上着を常に持ち歩くようにしましょう。重ね着をするなどして体温調節を図るようにしてください。
11月にもなると20℃台まで気温は上がり、旅行もしやすい気温になります。適切な服装をして旅行を楽しんでくださいね。

晴れの天気の日に最適!アデレードのおすすめ観光スポット5選

1. カンガルー島

Photo credit: caccamo via flickr cc

カンガルー島は、名前の通りカンガルーといったオーストラリアにしかいない固有の野生動物と触れ合うことができたり、自然に囲まれた国立公園を散策し、ビーチでは泳いだり、シュノーケリング、ダイビング、そして釣りなど様々なアクティビティーを楽しむことができます。
アウトドア好きや動物が好きな人にはたまらない場所ですね。自然を楽しむだけではなく、美味しい食べ物やお酒にも舌鼓を打つことができます。そんなカンガルー島への肝心の行き方ですが、なんとアデレードからフェリーまたは直行便の飛行機が出ています。
オーストラリアといえばカンガルー!オーストラリアに来たからにはカンガルー島を訪れ、一目見てみることをオススメします。

カンガルー島(Kangaroo Island, South Australia)
アクセス
1.アデレード中心部から車でおよそ1時間半〜2時間程のケープ・ジャーヴィスにあるフェリー乗り場からフェリー
2.アデレードから飛行機
公式サイト:オーストラリア政府観光局公式サイト

 

2. オーストラリア有数のワインの産地:バロッサ・バレー

Photo credit: turloughmor via flickr cc

バロッサ・バレーはアデレードから北に約55キロ進んだところに位置しており、何を隠そうここはワインの名産地なんです! 19世紀にドイツから来た移民が、バロッサ・バレーの広大な丘陵地がライン川流域の地形に類似していることに気がつきブドウの栽培を始めました。
そこからみるみるうちにブドウ畑は拡大し今では大小50以上のワイナリーがひしめき合っています。ワイナリーではワインを買ったり、色々な種類のワインをテイスティングしたり、レストランもあるので美味しい料理とワインを楽しむことができます。
オーストラリアでワイン?と思うかもしれませんが品質は高く、ワイン好きにはたまらないスポットですね。

バロッサ・ワイン&ビジネスセンター(THE BAROSSA WINE&VISITOR INFORMATION CENTRE)
住所:66-68 Murray Street, Tanunda
営業時間:9:00-17:00(月〜金)、10:00-16:00(土・日・祝)
アクセス:アデレードから車で約1時間
公式サイト:バロッサ・ワイン&ビジネスセンター

 

3. グレネルグ・ビーチ

Photo credit: eGuide Travel via flickr cc

海辺の町であるグレネルグは、ホルドファスト湾沿いに位置していてアデレードからはトラムで25分ほどでアクセスすることができます。とても近いですね。トラムとは昔懐かしい路上電車で、綺麗な景色を見ながらの移動時間は旅に彩りを添えてくれます。
シーアクティビティも充実していて、野生のイルカと一緒に泳いだり、シュノーケリングやダイビング、そして船をチャーターして釣りに行くこともできます!また、ジェッティー・ロードという場所は様々なレストランやショッピング街が軒を連ねており、海の幸などの美味しい食事をしたり、オーストラリア土産などを買うことができます。
ホルドファスト・マリーナというところはグレネルグの海に沈む美しい夕日を見ることができ息を飲むような絶景があなたを待っていることでしょう。

グレネルグ・ビーチ(Glenelg Beach)
アクセス:アデレードからトラムに乗って約25分

 

4. ライト展望台

ライト展望台は、モンテフィオーレ通り沿いの丘にある展望台です。ここには銅像が建てられており、イギリスのビクトリア女王からの命を受けこの街の設計を手がけたウィリアム・タイト大佐が街の中心を指差し、街を見守っています。
丘からはアデレードの町並みを見下ろすことができ、とても和やかな場所です。アデレードの駅から歩いて10分、ウェリントン広場から歩いて徒歩3分ほどの比較的アクセスしやすいところにあるので旅のプランに練り込んでみてはいかがでしょうか。

ライト展望台(Light’s Vision)
住所:Ptennington Terrace, North Adelaide
アクセス:アデレード駅から徒歩10分。ウェリントン広場から徒歩3分

 

5. ハーンドルフ

Photo credit: Chris Fithall via flickr cc

ハーンドルフは、アデレード・ヒルズの真ん中に位置しておりオーストラリアに現存する最古のドイツ系移民の入植地です。とても美しいドイツ風の村ではオーストラリアにいながらもドイツにいるかのような雰囲気を味わうことができ、アデレードからも20分ほどでアクセスすることができます。
博物館やギャラリーでドイツ系入植者がこの地でどう暮らしてきたのかを学んだり、有名な風景画家であるハンス・ヘイソン卿のスケッチ原画を見ることができます。散策に疲れたらフランクフルト・ソーセージやサワークラウト、そしてドイツビールといったものを是非食べてみてくださいね。
ドイツの雰囲気を存分に味わうことができ、自然とヨーデルを口ずさみたくなってくること間違いなしです。

ハーンドルフ(Hahndorf)
アクセス:アデレードから車で約20分
公式サイト:オーストラリア政府観光局公式サイト

 

雨でも満喫!天気に関係なく楽しめるアデレードの観光スポット5選

1. ランドル・モール

Photo credit: eGuide Travel via flickr cc

「ランドル・モール」では700軒以上のお店が軒を連ねており、買えないものはないくらい多種多様なものを扱っているのでショッピング好きには必見のスポットです!ユニークなアート作品を見ることができたり、幽霊が住み着いてる!? と噂の建物などものぞくことができます。
ショッピングを楽しんだら屋外のレストランで休憩をしましょう。モール内にレストランはたくさんあり、大道芸人が多く集まるスポットでもあるので料理を楽しみながら迫力のパフォーマンスを見ることができます。

ランドル・モール(Rundle Mall)
住所:Level 2, 7 James Place, Adelaide, South Australia, 5000
電話番号:0882037200
営業時間:9:00〜19:00(月〜木)、9:00〜21:00(金)、9:00〜17:00(土)、11:00〜17:00(日)
アクセス:アデレランドル・モールード駅よりすぐ
公式サイト:ランドル・モール

 

2. セントピーターズ大聖堂

Photo credit: Son of Groucho via flickr cc

アデレードは別名、教会の街とも呼ばれていてヨーロッパの旧市街のような雰囲気を醸し出すスポットです。「セントピーターズ大聖堂」は英国国教会の大聖堂で、美しいステンドグラスやゴシック様式の2本の鐘塔がアデレードの空に向かって伸びている様子がとても印象的です。
また、教会らしく重厚な鐘の音や、セントピーターズ大聖堂合唱団の歌声は一度聞いてみることをオススメします。とても温かい気分になることができますよ。

セントピーターズ大聖堂(St Peter’s Cathedral)
住所:27 King William Road,North Adelaide SA, 5006
電話番号:0882674551
営業時間:9:30-16:00(月-土), 12:00-16:00(日)年中無休
アクセス:ノーステラスから徒歩で約15分
公式サイト:セントピーターズ大聖堂

 

3. 南オーストラリア州立博物館

Photo credit: Cimexus via flickr cc

「南オーストラリア州立博物館」では、オーストラリア原住民の文化に触れることができます。有名なアボリジニがどのように暮らしていたのかや、ポリネシアの島々の文化に関する様々な展示があり見所たくさんのスポットです。
17時には閉まってしまうので、行く際は閉まってた!なんてことのないようスケジュールの管理を忘れないようにしてくださいね。

南オーストラリア州立博物館(South Australian Museum)
住所: North Terrace, Adelaide, South Australia 5000, Australia
電話番号: 0882077500
営業時間:10:00〜17:00(月〜日)
公式サイト:南オーストラリア州立博物館

 

4. アデレード・フェスティバルセンター

Photo credit: Amanda Slater via flickr cc

「アデレード・フェスティバルセンター」はアデレードの市街地の北方にあり、様々なフェスティバルが日々開催されているスポットです。
アデレードではしょっちゅうお祭りが行われていて、とてもすごい賑わいを見せています。文化を超えて色々な人と楽しめるのはいいですよね。お祭りや楽しいことが好きな人には必見の場所です!

アデレード・フェスティバルセンター(Adelaide festival center)
住所:King William Street
電話番号:0882168600
公式サイト:アデレード・フェスティバルセンター

 

5. アデレードカジノ

Photo credit: Michael Coghlan via flickr cc

「アデレード・カジノ」はアデレード駅の2〜3階に入っており、豪華なつくりに驚くことでしょう。カジノではドレスコードは特別決まっておらず、カジュアルな服装で入場することができます。カジノ場の近くには様々な商業施設やショッピングセンター、レストランなどがたくさんあるので、旅行のついでにふらっとカジノをしてみる、なんてことも旅の思い出に華を添えてくれるでしょう。

アデレードカジノ(Adelaide casino)
住所:North Terrace, Adelaide, GPO Box 1918 Adelaide SA 5001 Australia
営業時間:24時間営業
アクセス:アデレード駅の2・3階
公式サイト:アデレードカジノ

 

アデレードの宿泊先はここ!おすすめのホテル3選

1. ザ マジェスティック ルーフ ガーデン ホテル

Provided by foursquare-icon-16x16

「ザ マジェスティック ルーフ ガーデン ホテル」は、アデレードの街の東方に位置しており、リーズナブルであるにも関わらず素敵な内装が施されており、周囲には飲食施設やショップなどロケーションが素晴らしいです。

ザ マジェスティック ルーフ ガーデン ホテル(Majestic Roof Garden Hotel)
住所:55 Frome Street,Adelaide SA 5000
アクセス:アデレードの市内中心部
公式サイト:ザ マジェスティック ルーフ ガーデン ホテル

 

2. ハイアット リ−ジェンシー アデレード

Provided by foursquare-icon-16x16

「ハイアット リ−ジェンシー アデレード」は空港からわずか15分ほどの位置にあり、周囲にはレストランや商業施設なども豊富にあります。シーズンによって値段は変動しますが、一泊1万円から2万円ほどで宿泊することができます。

ハイアット リ−ジェンシー アデレード(InterContinental Adelaide)
住所:North Terrace, Adelaide, South Australia 5000, Australia
公式サイト:ハイアット リ−ジェンシー アデレード

 

3. ザ シーベル プレイフォード アデレード

Provided by foursquare-icon-16x16

「ザ シーベル プレイフォード アデレード」は駅前に位置しており、マーケットに行くにも非常に便利な場所に位置しています。シーズンによって値段は変動しますが、一泊1万円から2万円ほどで宿泊することができます。

ザ シーベル プレイフォード アデレード(The Playford MGallery by Sofitel)
住所:120 North Tce, Adelaide, South Australia 5000, Australia
公式サイト:ザ シーベル プレイフォード アデレード

おわりに

アデレードには路面電車で行ける美しいビーチやワインの名産地バロッサ・バレー、大聖堂や博物館など見どころがたくさん! 当日のお天気に合わせてアデレードを思い切り楽しんでみてくださいね!

ライター:Kumiko Otsu
Photo by:Gemma Stiles via flickr cc

留学で大人気の学園都市!アデレードの天気と観光スポット10選

Compathyで南オーストラリアの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、南オーストラリアを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

アデレードの関連旅行記ブログ

*Takashi Ogasawara「煌めきの世界へ」

*Pika「ピカのオーストラリア珍道中」

*Nan Sasaki「一度は行ってみたい『世界遺産』その2 エアーズロック(Urulu)」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。